« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

北海道2011⑦ ~グルメ

  
  

さてダラダラと気の向くままに書いてきた北海道ネタですが
いい加減そろそろ・・・sweat01

 

最後は北海道で食べにいったお店をザッとまとめてみます♪

 
 

<増毛・寿司> 「すが宗」

我が家のお気に入りのお寿司屋さん。
美味しいお寿司が食べたくなったら・・・ちょっと遠いですが、来ちゃいます。

Mashike_001

 

今年も・・・と思い、2時頃に着いたら何とネタ切れで閉店!bearing
平日だったのに。。。ここ数年こんな事はありませんでした。
そういえばこの間、全国版のテレビに出てたっけ・・・(三國シェフの何とかって)

テレビの力って良くも悪くも、スゴイなぁ。。。

と言う訳で、写真は去年訪れた時のです。

Mashike_005
海鮮ちらし(一番高いの):\2,730- 

握りも一番高いので\2,600-ぐらいだったかと。
増毛は他にもお寿司屋さんがたくさんありますが
ネタのレベルが全然違います。

この値段でこの味は、なかなか他では食べられません。
今年は本当に残念でした。

----------

  
 
 

<札幌・回転寿司> 「扇」

札幌は回転寿司のレベルがとっても高いんです!
(「根室 花まる」など、いつ行っても行列です)

回転寿司と言っても、回ってるお寿司に手を出す人はほとんどいません。
(今や関東でも当たり前でしょうか)
カウンター越しに注文して、握りたてを手渡し・・・
ほとんど寿司屋のカウンター席と変わりませんね。
自分でお茶を入れるか入れないかぐらいの違いぐらいでsweat02 

この「扇」も “回らない回転寿司” と言うか
“寿司は回らないけど、メニューが回る回転寿司” かな?

元々は普通のお寿司屋さんだったのだと思います。

カウンターに回転寿司の機材を追加した感じ?
きっとネタが回る時代もあったのでしょうが。。。
今は値札だけが回っていましたsweat01

カウンターには若大将。
奥の方の厨房には年配の方が・・・恐らく先代?
だってこのお爺さんの握りの方が美味しかったんだもん!(笑)

シャリがふわっと、程よい握り具合。
最後に頼んだ穴子握り、絶品でした。

 

(写真無しです。ゴメンナサイ)

---------------

 
  

<レストラン・由仁町> 「キッチン・ファームヤード」

今や北海道では随分と数が増えた「農場直営レストラン」の
先駆けとも言えるファームヤード。
開店から10年以上たちますが、変わらぬ美味しさです。

_mg_2007

パパの注文は☆採れたての野菜がたっぷり♪
スープスパイス・ポーク \1,000-(ライス・サラダセット)

味はスープカレーの様な感じ。
辛さが7段階から選べます。

 

_mg_2013

私の注文☆数量限定
スパイス手打ち麺 \1,080-(サラダ・プチデザート付)

ルッコラのちぢれ手打ち麺がお気に入りなんです♪

 
  

手作りのスイーツもおススメですheart01

_mg_2020
農場自慢のブルーベリーがたっぷりのタルトは
ホールで何と \1,500- sign03
  
  

_mg_2041
母の大好きな 長いものシフォンケーキ♪ 

ケーキに長いも?!
と思いましたが、意外や意外。
長芋の味は全然わかりませんが、濃厚なシフォンケーキ・・・という感じ。

 
味も雰囲気もセンスの良さを感じるお店です♪
 
-----------
 
  
 
<レストラン・ 長沼町> 「ハーベスト」
 
丘の上に建つログハウスのレストラン。
長沼の田園風景を眺めながらお食事が楽しめます。

Nagamuma_0038

Nagamuma_0037

ここも去年訪れたお店。

人気店で休日はいつも行列ですが、ポケベルを渡され
順番が来ると鳴るようになっています。
横にショップがあったりするので、適当に時間を潰しながら待つ事もできますよ。

Nagamuma_0041

  
  
農園ポテトとハンバーグセット(大) \1,300-
Nagamuma_0044
(スープ・サラダ・ライス・ドリンク付) 
  

----------
  
  
 
  
<レストラン・富良野> 「木のいいなかま」
 
今回富良野でランチしたお店です。
地元富良野で採れた食材を使ったカレーやハヤシライス、ピザ、オムライスなど。
それと何故か、味噌カツ。

_mg_1305
スープ・サラダ・ライス付 \950-

シェフの出身地が名古屋だそうで・・・sweat02
これはパパが注文。 
私はオムライスを注文しました。
どちらも美味しかったですよ~♪

  
あ、パパがこんなものも注文してました。。。

_mg_1302
白樺樹液(100%) \450-

お味の方は・・・ほぼ水。
ほのかに樹液っぽい味が?
(樹液飲んだ事ないですケド・・・coldsweats01

----------

  
 

<ラーメン・札幌> 「彩未(さいみ)」

今、札幌で私が一番好きなラーメン屋さんです。
いつも混んでますけど、ラーメンなので少し待てばすぐに順番が回ってきますよ。 

_mg_1875


_mg_1879
私は 味噌ラーメン \700- 
 

_mg_1877

パパは 味噌ラーメン大盛 \800-

 
札幌のラーメン屋。
有名になると味が落ちる所がほとんどですが
ここはまだ裏切られてません♪
 
---------
 
  
 

<ジンギスカン・すすきの> 「十鉄」
 
お義兄さんに連れて行ってもらったお店です。
七輪の上にスリットの入った専用ジンギスカン鉄鍋。
炭焼きで頂きます。
スリットから肉の油はほとんど落ちるので、臭みもほとんど無くヘルシー♪
 
お肉が厚めに切ってあるのですが、とっても軟らかい!
マトンやエゾ鹿も食べられますよ~
 
 
(写真はありません。ゴメンナサイ)
  
---------  
 

 

と、他にも色々ありますが
もうこんなに長いので。。。
 

今年は12日間の滞在。
よく食べたなぁ~(笑)
  
 
夜20:30ごろ実家を出発して 
深夜3:00 函館発のフェリーに乗り、7時ごろ青森に到着。 
浦和料金所の手前から首都高にかけてほぼ渋滞にハマりsad
夕方6時ごろ、無事に横浜へ戻りました。

帰りは結局22時間ぐらいかかったかな?
 
さすがに疲れて、二人とも即効爆睡sleepy
 
この北海道帰省での走行距離、4000km超えてました~~wobbly
半分以上がパパの運転bleah
(パパ、お疲れ様ね~~)
  
 

いつまで続けられる事やら・・・
 
また来年行けるかなぁ。
 
 
  
2011年の北海道記事
これにておしまい。
   
end 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

北海道2011⑥ ~富良野

  
  

今年は富良野にも行ってきました。

実はパパが一度も富良野に行った事が無いと。

あれ?そうだっけ?
富良野と言えば北海道を代表する有名な観光地。
とっくに行った様な気がしてましたが。。。(気のせいでしたcoldsweats01

 

姉夫婦と小6の甥っ子、母、そしてアシュカルに我々夫婦。
(中2の甥っ子は部活で同行できず)
久々にみんなで行くことになりました。
小6の甥っ子も富良野は初めてです。

 

パパの希望はキレイな風景写真が撮れるスポット。

あぁ~、そんなの富良野ならたくさんあるよ~~
なんて余裕だった北海道民の姉夫婦&元道民の私。

でも・・・

3人とも来たのは四半世紀近く前の話sweat02

新しい観光スポットもたくさん出来ているハズですが・・・

昔の記憶をたよりにまず最初に行ったのが
お決まりの「ファーム富田」。

_mg_1226

「え~?ファーム富田ってこんなに大きかったっけ??」
「しかも畑の前に駅なんてあった???」
   

  ・・・いつの話だかsweat01(頭の中は四半世紀前)
   
  

パパだけで無く、みんなまるで初めて来たかのような新鮮さ(笑)。
随分拡張して、道路や大きな駐車場も整備されていました。

_mg_1220

_mg_1180

 

_mg_1203

_mg_1209

_mg_1241

  
  
  

とっても暑い日だったので、ソフトクリームが美味しい~♪

_mg_1271

_mg_1266


 
 
  
 

午後は美瑛へ移動して、「マイルドセブンの丘」へ。_mg_1326

 

_mg_1308

 

 

「マイルドセブンの木」、「親子の木」、「ケンとメリーの木」など。
古~~い話で。。。(笑)
知ってますか?

昔はこの場所を探すのに、もの凄く苦労したんです。

しかし今やカーナビの地図にまで載っているっwobbly
しかもマイルドセブンの木の横には、でで~んと公衆トイレができちゃってて
ちょうどいいアングルに、しっかりそのトイレが入っちゃうし・・・bomb

ひっそりと佇んでいたマイルドセブンの木。

あの風景はもう、そこにはありませんでしたdowndown

 

_mg_1322

_mg_1337

 

パッチワークの丘は、そばの実が赤くなる秋が
一番キレイなんだとか。

 
 

久々の富良野はどんどん進化していて・・・驚きの連続でした。
今度来る時はちゃんと下調べしなくちゃね~(笑)

 
 

 

北海道記事、つづきます。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

北海道2011⑤ ~くつろぎの場所

  
  

10数年ぶりの腰痛発症でsweat02ちょっと間が空きました。
パパからは 「ババアだな。」 と一言・・・crying

アシュカルのお世話を任せっきりなので文句は言えませんが。。。
(覚えてろ~~っdashdashdash

 

ちょっとマシになったので、北海道旅行記の続きを。

 
 

夏の札幌。
昼間はそこそこ暑くなりますが(30℃ぐらい)
湿度が低いので爽やかな暑さ。
横浜に比べればやはり全然凌ぎやすいです。

しかも早朝には20℃ぐらいまで気温が下がるので
真夏でもこの時間ならワンコ達のお散歩には最高!

  

実家の裏にはこんな公園があるので
忙しい時はちゃちゃっと運動させてあげられます。

_mg_2043

_mg_2110

_mg_2056

Img_2193

 
 
 
  

でもって。。。

車で10分ぐらいのところに前述のK下公園という
もっと広い公園もあります。

 
 

そしてK下公園とは反対方向に車で20分ぐらい行くと
広大なモエレ沼公園があります。

彫刻家イサム・ノグチが基本設計したモエレ沼公園は
「公園をひとつの彫刻に」がコンセプト。

独特の雰囲気のある公園で私も大好き♪
実家に帰った時には必ず訪れます。

もちろん今年も行ってきましたよ。

_mg_1409

_mg_1574

  
  
  
  

園内には大きな山と・・・
_mg_1421

 

  

小さな山があります。
_mg_1588

 

  
 
 

私とカルラで小さい方を(私が体力無いので・・・sweat01)登ってみました。

M_mg_1589

M_mg_1595

  
 

しかし。。。
後でここは犬禁になっていた事が判明coldsweats02sweat02
前に来た時はOKな場所だったのにbearing

あ、でもパトロール中の係員さんには何にも言われ無かったなぁ。。
平日の早朝で他に誰もいなかったからかな?

  

最近犬が入れない芝生エリアが年々広がっちゃってて、ちょっと残念。
それでもOKな芝生エリアは十分広いし、
舗装された道はどこでもワンコOKなので
園内をぐるっと回るだけでもかなりの運動になりますよ♪

 
 

実家では完全にくつろぎモードだったお嬢さんたち。

_mg_1851
カルラはもうイタズラする事も無いしトイレも完璧なので、完全フリーでした。

  
 
 

たま~にアシュラ姉ちゃんにちょっかい出してみるも
全く相手にしてもらえずsweat02
_mg_1897

 

  
 

そんな時は・・・
こんな風になってみたり
_mg_1954

 


 

こんな風になってみたりしてました。
_mg_1918

 


 

たま~に番犬っぽい事もしてみたり・・・
_mg_1832

 

でも見てるだけ。
カルラ、お家の中では全く吠えません。

 

吠えないようにシツケてるのもあるかも知れないけど
たぶん、そもそも番をする気が無いんだと思いますcoldsweats01  

M_mg_1881

いやいや。別にそれでいいからね。
カルラに番犬なんて、全く期待してないから・・・(笑)

(ちなみにアシュラ姉ちゃんは、ちゃんと番犬やってたケドねsweat01

 

実家では基本、こんな風にくつろいでいる我が家です。

 
 
   

北海道旅行記、もうちょっと続きま~す♪


 
 




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

北海道2011④ ~犬と縁

  
  

北海道では何とっ!
カルラの同胎犬、パブロ君に会ってきました。

何で北海道?

それは・・・ 
パブロ君ファミリーは北海道に住むご友人宅に滞在中で
私達より一足先に北海道入りしていたので~す。

 

しかも私の実家からご友人宅までは、道が空いていれば車で30分ほどの近さ。
パブロ君のママからお電話をいただき、図々しくもお邪魔させて頂く事にsweat01

実はそのご友人・・・
私の知り合いと、パブロ君のママの共通のご友人でもあり
パブロ君とそのご家族の縁を結んだ方でもあるのです。

  

お里にいた仔犬の時から、ゴージャスな雰囲気を漂わせていたパブロ君。
(こんな貧相なカルラが同胎だなんて、ホント信じられませ~んcoldsweats01

そしてそんなパブロ君は運命?!と思えるほど、ピッタリなお家のコに。
その架け橋になった方にお会いできるなんて、本当に嬉しい事でした。

 

ラブラドールを愛するとっても素敵なご夫婦。
ラブとシュナウザー(だったかな?)。
2頭の可愛いワンちゃんとお暮らしでした♪

お料理上手な奥様のランチをご馳走になったのですが、
とても前夜9時に訪問が決まったとは思えないほどの豪華メニューdelicious
(で、初対面ですがpaperしっかりオカワリさせて頂きましたっcoldsweats01

 

そして・・・
北海道の田園風景を見下ろす丘の上に建つ、とっても素敵なお宅shine

全面芝生の広~~いお庭で、パブロ君との再会happy01
(ここのおウチのワンちゃん達は本当に幸せだなぁ・・・私も飼って欲しい。。。笑) 

Img_0775

 ↑ 北海道の湖めぐりを楽しんできたそうです。
    湖水浴でさらに逞しくなったみたい♪

 
 

一緒にボール遊びしたり・・・

Img_0749

Img_0728

  
  
  

水浴びしたり・・・

Img_0877

 ↑ なべネコならぬ、なべイヌ?

 
 

ちゃっかりアシュラも・・・smile

Img_0863

  
  

 

夢のような素敵なひとときでしたheart01 

Img_0916


 
 

 

アシュラのおかげで出会えた人の数は、数え切れないほど・・・ 

その縁でカルラを迎えて、さらに縁は広がり・・・
   
  

今回もそうですが
犬を飼っていなかったら絶対に知り合えて
いなかっただろう方がたくさんいます。

 
  

改めて。。。

犬達に感謝♪ 



北海道旅行記、まだ続きますよ~
  

えっ?もう飽きた??
そう言わずに・・・お付き合い下さいまし~coldsweats01
  



 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

北海道2011③ ~到着

  
  

さて、旅行記に戻りまして・・・

  

夜10時に定刻通りフェリーは青森を出発。
午前2時ごろ函館に到着し、そのまま実家へ。

函館から札幌近郊の実家までは約300km。
あともう一踏ん張りですっdash

函館から大沼まではバイパス(函館新道)を使い、
大沼からは高速が繋がっていないので少し下道を走ります。

八雲町の落部(おとしべ)からやっと高速に。
でもこの付近、地元の方はあまり高速を使いません。
高速を走っているのはほとんどが
本州ナンバーの乗用車や競走馬を乗せたトラックでした。

 

深夜なので混むことも無く、7時前に実家に到着~~house
横浜を出発してから26時間。やっとゴールですmotorsports

 

母が朝ごはんを作って待っていてくれました。
ありがたや~~♪♪

自家栽培の野菜をふんだんに使った和朝食。
長距離のドライブの後ですから、体に優しい和食が一番元気になります。 

アシュカルも長旅の疲れも見せずフードを完食!

仔犬の頃は車酔いがひどかったカルラ。
(生後56日の時に我が家へ連れて来た時には
 たった2時間で4回もモドしたぐらいsweat02

そのカルラも今はずいぶん車に慣れたみたいです。
今回の1100kmの移動も、ヨダレすら垂らさず全然平気でした。
(峠道など、急カーブが多い所はまだ苦手な様ですが・・・)

その点アシュラは車が第2のおウチ?と思えるほど、車では超リラックス。
車酔いも一度もした事がありません。
それでも長時間車の振動で揺れていますから、
それなりには疲れているハズですけど。。。

人・犬ともお腹いっぱいになった後は、一眠り・・・sleepy
自分の実家なので、すっかり甘えモードですsmile

 
 

夕方、札幌に住む姉家族がやってきました。

久々に会った中2の甥っ子は何と身長180cm超え!足は29.5cm!!
(もう未知の世界です・・・sweat01
それでももっと高くなりたいんだとか。あとジャンプ力も欲しいと。。。 
バスケ部なので、本人がそう思うのは当然だろうけど
普段の生活では電球取り換える時に脚立がいらないぐらいで
あとは不便な事の方が多かろうに。。。とオバさんは思ってしまいます(笑)

小6の甥っ子もだいぶ大きくなっていました。
幼稚園から始めたピアノをずっと続けていて、
コンクールにも挑戦したり、頑張っているみたいです。
最近バトミントンを習い始めたらしく、体力もついてきました。
ピアニストはクラシック界の肉体労働者だもんね。
頑張れ!小さなピアノマン♪

  
  
 

翌朝はお泊りした小6の甥っ子と、車で10ほどのK下公園へ。

Img_0549

 

Img_0561

 

広~~い芝生の広場は犬達の楽園。

 

休日には早朝でもたくさんワンコが来ますが
(って言っても、10頭もいないかな・・・)
広いのでお互い干渉する事無く遊べます。

ボーダーを2頭連れた親子連れに会いました。
ディスクをやっている様で、お父さんはフリーの練習。
幼稚園ぐらいの娘さんがその横で一生懸命投げ練。
とっても可愛かったです♪

あと、別のエリアではコーギーちゃんもディスクやってました~
向こうもこちらを見てたので、もしかしたら
アシュラが元気だった頃に一度ご挨拶したコかも知れません。

 

北海道の公園はどこも芝生がとってもキレイ。
別段特別な手入れをしているのでは無く、
冬、たくさん積もった雪が枯れや凍結から芝生を守るから・・・
と聞いたことがあります。

鮮やかなグリーン色は、どこかのゴルフ場みたいに
色をつけているわけじゃ無いんですよ~(笑)

1年の3分の1以上が雪に埋もれている北海道。
これが芝生の休息期間にもなっているんですね。

 
 

北海道旅行記、まだまだ続きます。。。

 


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

北海道2011② ~青森・函館フェリー

  
  

よく聞かれる事が多いので・・・

青森~函館間のフェリーについて少し。
(以前にも書いた事があると思いますが、変わっている事もあるので改めて)

 

青森→函館間は約100kmなのですが、フェリーだと約4時間かかります。
しかも出港1時間前には手続きを済まさなくてはいけないので
100kmの移動に実質5時間以上はかかるんですよね~

 

北海道までの道中、時間的にはココが大きなロスになります。

 

それから夏休み期間は、フェリーは予約しておかないと
まず乗れないと思った方がいいです。

人間は乗れても、車の方が全便ほぼ満席。
(乗用車だけでなく、トラックもたくさん乗りますから)
  

予約は2ヶ月前からインターネットでもできますので
希望する便を早めに抑える事をおススメします。
(当日まで変更は何度でもできますので)

予約の際は、車の大きさやナンバーも入力します。
車検証などが手元にあるとスムーズかも…ですgood
  

あと、我が家はいつも夜中の便を予約します。
海上と言えど、さすがに真夏の昼間は車中の温度が心配なので…
(法律上、途中で船室から車の中の様子を見に行く事ができないのです)
  

ちなみに横浜から青森までは約760km。
  

これだけ距離があると、なかなか到着時間も読みづらいので
一気に北上する我が家は、かなり時間に余裕を持って出発するようにしています。
  

今回は青森22時発のフェリーを予約。
で、横浜を早朝5時に出発しました。

途中渋滞に巻き込まれる事もなかったので
休憩をちょこちょこ取りながらでも、夕方4時ごろには青森に到着しました。
空いた時間で「ねぶた」を観にも行けました♪

でももし渋滞に何度かハマったりすると、3時間以上も到着がズレる事に。。。

フェリーを予約しているので、ギリギリだとやっぱりハラハラしちゃって
運転にも良く無いかな~と。

ま、いくら夫婦で交代しながらとは言え
760kmを一気に走るのはウチぐらいか。。。。coldsweats01

 

フェリー乗船中、ウチの場合アシュカルは車待機です。

フェリー会社は「津軽海峡フェリー」を利用しています。
(青森~函館間は他に「青函フェリー」もあります)

 

最近、船内にドッグルームとドッグランがある便もできました。
ただ車からドッグルームに連れて行くまでの間は
犬をケージやバリケンに入れて行かなくちゃいけません。
(スリングなど簡易的なものや抱っこではダメngだそうです)

ドッグルームのケージの大きさは
幅44cm×奥行61cm×高さ51cm。
この大きさに入るワンコのみが利用できます。
ドッグランも広いとは言えないかも… 

それと、今年からはプライベートドッグルームなるものもできた様ですが
(ワンちゃんと一緒に過ごせる個室で、料金¥12,000@1室wobbly
それでもそこまでは犬をケージに入れて運ばなくちゃいけないので
どちらも小型犬を想定した設備って事ですね。

この大きさのケージならカルラでも入れない事は無いケド・・・

 
 

ペットが車で待機する場合、搭乗手続きの時にその旨を伝えると
比較的通気性のよい場所に車を停められるようにしてもらえます。
(同意書への署名が必要になります)

でも所詮は船底付近。
犬を待たせるにはいい環境とは言えませんが、4時間ぐらいなので
慣れた自分の車の方がウチの犬達は落ち着くだろうし、お金もかからないし。。。sweat01

車に戻ると大抵2頭とも寝ていますsleepy

Img_0539

(北海道へ着いて初散歩のアシュカル。
北海道の公園はどこも芝生がとってもキレイですshine

  
 

なので、我が家はいつも車で待たせていますが
今回はドッグルームを利用する人も増えていましたよ。 
  
 
それから・・・
少しお金がかかっても、船内では個室で過ごすのもアリかと。 
(一番安い個室で、二人で\2,600プラス)
 
ドライバーがタダの2等船室とは、いわゆるザコ寝の大部屋です。
赤ちゃんや子供がいたりするとまず寝られないですし
混んでいる時期は寝転がる事はおろか、背もたれすらないので非常に疲れます。
(自分でマットや座椅子を持ちこんでいる方もいますが、
 それでも女性はなかなかゆっくり休めないかも知れません)
 
その点、個室なら人目を気にする事無く
ベッドやお布団で3時間はしっかり眠る事ができます。
 
  
車中泊環境が整っている車をお持ちの方は必要無いかも知れませんが
一気に1100kmを移動する我が家。(函館から実家までが約300km)
 
ウチの車では車中でゆっくり休めないので
このフェリーの移動時間が貴重な睡眠時間になります。
  
夏季は安い個室から即満室になってしまいますよ~
やっぱり早目の予約がおススメです。
 
    

 

と・・・
気が付いたらダラダラと書いてしまいましたがsweat02
フェリー豆?(長っ)知識でした。

 

北海道ネタ、続きます。

 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

北海道2011① ~青森ねぶた

  
  

今年の夏も北海道の実家へ帰省してきました。

パパが2週間の夏季休暇
(会社の夏休み:1週間+有休@フリーバカンス制度:1週間~♪)
を取れたので、10日間ゆっくり滞在してきましたscissors

 

パパの夏休み初日の土曜、早朝に横浜を出発。
途中首都高が少しだけ混んでいましたが、その他は順調~

ただ・・・

今年の東北道は今まで見た事の無いほどの交通量!
車で北海道に帰省するのは今回で10回目ぐらいになりますが、
こんなの初めてです。

例年なら宮城から北はガラガラ。
でも今年は青森に入るまで本当に車が多かった・・・特にトラック。
やはり中・大型車の無料化の影響でしょうか。

そして福島~岩手間のほとんどのICでは出口渋滞。
高速料金が無料になる一般レーンへの行列です。

ETCが普及する前でも、この地域でこんなに出口が混む事は無かったです。
それだけ今、被災地へ向かう車の数が多くなっているんですね。 

 

東北道は地震で荒れた路面を補修した個所が所々凸凹していましたが
気になるほどではありませんでした。

 
 

交通量は多かったものの、渋滞にも巻き込まれず
順調に夕方青森へ到着。

 

いつもの野木和公園で、ワンズ達もリフレッシュ♪

Img_0293

Img_0301

 

アシュラはマイペースでヨチヨチ散歩。
カルラは思いっきり走り回って、ロングドライブの疲れも少しとれたかな?

 
  
 

フェリーの時間(22:00)まで少し時間がとれたので、
青森ねぶたを観に行ってきました!

 

ねぶたの運行が始まる前には、あちこちで色々な催しをやっていました。
テレビの取材も来ていて、こんなお方の姿も・・・

Img_2891    _mg_2905 

 

ねぶたの前座として、お祭りを盛り上げていました。

 
6時ごろ会場に着いたのですが、すでに沿道には観客がたくさん!
そして、お巡りさんもたくさん!! 
きっと青森じゅうの警察官が集まってるんじゃ?と思うほど(笑)。

それだけ大きなお祭りって事なんですね。
期待は膨らみます♪

  
  
  

日も落ちて・・・いよいよ ねぶた がやって来ました!

Img_0387_2

_mg_0392

Img_0499

  
 

もの凄い迫力!
昼間のは一度見た事があるのですが、夜、火が灯ったのは初めて。
立体感があって、今にも動き出しそうな勢いがあります!

 

それはやっぱり、この力強いのせいかも?

Img_0457

Img_0458

Img_0504

  
  

この目はちょっと可愛らしい♪

Img_0461

 

フェリーの時間の関係でほんの一部分しか見れませんでしたが
それでも十分満足♪

  

仙台の七夕祭りは「女の祭り」。
青森のねぶたは「男の祭り」と言われるとか。

道巾いっぱいの大きなねぶたを引くのは
中学生~高校生ぐらいの若い男のコ達だったし、
迫力があって力強い盛大なお祭り。

確かに「男の祭り」って感じです。

 
  

ねぶたを堪能した後は、いよいよ北海道へ出港!

帰省のネタ、まだまだ続きますが・・・

 
  

北海道から帰ってきた一昨日、カルラをシャンプー。
昨日はアシュラをシャンプー。
ちょこっとメモですsweat02


 



  
  
  
  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »