« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

カルラ☆祝5才♪ & 生肉について

 
 

先週末はパパとカルラのお誕生日birthdayでしたhappy01

 
 

まずはカルラ。
豪華バースデーディナーで5才のお祝いでしたheart04
(と言っても、ドッグフードじゃ無いってダケですが・・・coldsweats01

Yuimaru_0163

北海道から送ってもらった鹿モモ肉に、サツマイモ・水菜・擦りおろし人参・すりゴマなどをトッピング。

鹿肉はもちろん生で!

カルラは普段から運動後に、1ブロック70~100gぐらいにカットして冷凍してある鹿肉や牛肉を生のまま(ってか凍ったまま)シャクシャク美味しそうに食べてます♪

ちょうどアスリートが運動後にサプリメントを補給するような感じ。
良質の筋肉をつけるためです。

  

カルラは生でもお腹は全然平気! 

犬の胃酸って人間よりも酸性度が高いらしく、殺せる菌の種類が多いんだとか。
それが「犬って何食べても平気」と一般的に思われている所以のような気もしますが・・・・
(ちなみに一度凍らせると、それによって死滅する菌もありますgood
  
ところがアシュラの方は生肉、全然ダメbearing
    
        
同胎の兄弟でもお腹の丈夫なコ、弱いコ両方がいたりするし、育て方に関わる部分もあるとは思うけど、もともと持ってる体質の個体差はあると思います。

犬本来の体質からすれば脂肪分の少ない肉なら大丈夫なハズですが、

(だって自然界で生きていく時には獲物を自分で狩って、当然生のまま食べるわけですから。それに適応できない体質の個体は厳しい自然の中では生き残れないですね。)

最近は生肉がダメなワンコ、実は結構多いように感じます。

  

これは最近の犬はドッグフードしか食べてないから・・・・
という説もありますが、私はそれもあるけど、他にも原因があるのでは?と思っています。

それは、お腹の弱い体質を持った犬を繁殖に使ってしまっている、という事。
ある特定の犬種にお腹の弱いコが多かったりするのは、明らかにそのせいかと。
また同じ犬種でも血統によって、、、、というのもよくあります。

 

そういう犬は繁殖に使わなければいいのに・・・・と、思う人もいるかも知れませんね。
(私もそうは思いますが)

でもじゃあ反対に、犬を迎える時に、両親犬や同じ血統の犬がどんな体質を持った犬なのか、調べたり気にしたりして選んだでしょうか・・・・・

 

たぶん、ほとんどの人が「No」かと。

 

本当は、その犬が、犬として健全に生きていく上で重要なファクターの一つであるハズなんですけどね。

毛の色とか、顔がカワイイか、とかなんて、ペットとして飼うなら二の次でいいハズなんですが、ほとんどの人がここしか見てないかと。
 
 
だったら・・・・
仔犬でお金を稼ごうとする繁殖者なら、お腹が弱くても仔犬が売れるなら、コストをかけて新しいお腹が丈夫な犬を入れたりせずに、手持ちの犬でお金を稼ぐのでしょうね。
(これはお腹のコトだけに限った話ではありませんね)
    

ま、私もアシュラを迎える時は毛の色重視だった訳で・・・

 

そのアシュラは生まれつき大変な体質を持っていて、あげく大病までしてしまい。。。
でもそのおかげで自分なりに色々調べたり、勉強したりするきっかけになりました。

 

  犬を飼うって大変だな・・・・

正直そう思う事、何度もあります。

   

でも、どんだけ大変な思いをしても、

  犬ってやっぱり素晴らしい。
  犬、サイコー!!

 

これに尽きますね(笑)。


  
 

話がそれ過ぎてしまいましたが・・・sweat01
生肉の話に戻りますsweat02

  

生の肉には加熱によって失われてしまうビタミンなど犬にとって必要な栄養素がたくさん、しかも犬が吸収しやすい状態で残っているそうで、実際カルラも生肉を与えている時と与えていない時とでは、毛艶や毛ぶきが全然違います。

 

「じゃあ、ウチのワンコにも生肉をあげてみよう!」

 

なんて、安易に乗っかっちゃいけないんですよ、だから。(笑)

  
 

もし試すなら、まず質の良い肉を。

値段が高ければ質がいいって事ではありません。犬にとって良質である事が重要です。

犬にとって良質とは・・・ 
例えば松坂牛は人間にとっては最高のご馳走かも知れませんが、あんな脂肪の多い肉、お腹が丈夫なカルラでもウ〇チが緩くなるかも。
犬に与えるのであれば、脂肪分が極力少ない、しかも赤身の肉が望ましいと言われてます。

そして、新鮮であること。
いくら胃酸が強くても、生で与えるなら鮮度は重要。

ただし・・・・
低脂肪・高タンパクの馬肉はよく犬に与えられていますが、中国産の馬肉の中には鮮度を保つために一旦ホルマリン漬けにしてから出荷しているものもあると聞きますshock
生肉を選ぶ時にはこんなコトにも注意を向けなくちゃいけません。。。 

多少固かろうが、骨をかみ砕くアゴの力を持つ犬には関係ありませんし、そもそも生の状態の肉は柔らかいですから(肉は加熱すると固くなる)、人間目線ではなく、あくまでも犬目線で選んであげて下さいね。

  

そして、いい肉が手に入ったら、ほんの少量から。

お腹などの調子が大丈夫そうでも、何日かかけて少しずつ与える量を増やして下さいね。
食べる物のみならず、犬って意外と急激な変化に対応し難い動物でもありますので。。。


Yuimaru_0168

ヒートが終わり、だいぶ毛葺いてきましたshine

 
 

生肉の与え方については、私の個人的な見解です。
あくまでも参考のひとつとして、飼い主さんの責任の下に・・・・お願いいたします。
 
 

 
生肉の与え方について聞かれる事が時々あるのでちょっと綴ってみましたpencil

 
  

---

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

パワーをもらいに・・・・カルラ編

  
  
 

到着した時は薄いベールを被ってました。。。

Fuji_0474

  
  
  
  
  

体調が常に上下に振れ確実に緩やかに下降しているアシュラに対し、充電なんて必要ないぐらい毎日笑顔満開で元気印な若いカルラhappy01

Fuji_0335

もうすぐ5歳。
気力体力ともに充実の年齢真っ只中でございます。

  
  

運動負荷をかければかけるほど、リミッターがぐんぐん上がるのがこの犬種のスゴイところですね。

ただ限界値を自分で示してくれないので(限界を超えていても走ることを止めない、みたいな)、飼い主が先に気が付いてあげないと取り返しのつかない事になりそうな危うさもある・・・・・

   

初めてのボーダーって事もあり、塩梅がわからずかなり抑え気味に育ててしまったかなぁ~感もありますが、まぁ無理させるよりはいいかなって思ってます。

 
 

カルラの場合、雪遊び&水遊びでは体温が上がらないせいか、全然息も上がらないし、バテる気配が全然ない。

カルラの要求に合わせてやったら、たぶん丸一日ボール投げエンドレスになりそうなぐらいですsweat02
(そんな事は絶対しませんがcoldsweats01

 

Fuji_0084

 

Fuji_0145

Fuji_0182

オモチャが雪の中に埋もれてしまっても、絶対にあきらめずに探し出してきます。
15分ぐらいかかった事もありますが、ずっと集中してました。

Fuji_0217

Fuji_0231


 

まわりで何が起ころうと、目の前の仕事をこなす事しか見えてない。
賢い・・・というか、ある意味単細胞な犬ですねsweat02

でも仕事スイッチがOFFの時は、どこかのネジがはずれてるの?
って言いたくなるぐらい、オツムゆるゆるなんですけどね~~(笑)

  
 

飼い主としては、このギャップがたまらないのですけどheart04

Fuji_0868

 
 
   

ひとっ走りさせた後は、森の散策路をトレッキング。

Fuji_0887_2


 

その間アシュラは車でお留守番なので。。。
Fuji_1053
 
寒くないようにFFヒーターをつけて、換気のためにファンも回して・・・っと。
もう、アシュラ様々です(笑)

 

去年も来たコースなので、勝手知ったる?
道先案内人はカルラ。

Fuji_0895 

Fuji_0924

 
 
 

獣(ウサギ?)の足跡を辿って行ったら、とっても歩きやすいルートでした。Fuji_0891

雪の量もほどよい感じ♪

 
  

ぐるっと一周して戻ってきたら・・・・

 
 

富士山にかかっていた雲がスッキリsun

Fuji_1043

 
 

Fuji_1014


 

カルラの場合はパワーをもらうんじゃなくて、放出したって感じかな? 
でも自然の中で見せる生き生きとした目の輝きには犬の本能が垣間見えます。

  
 

都会の中で生活していると、犬として退化しちゃいそうな気すらします。

 

できるだけ犬が犬としていられるように・・・・・

 

やっぱり時々はこんな時間を作ってあげたいです。

 
 
  
 

---

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

パワーをもらいに・・・・アシュラ編

  
 

一年ぶりに富士山麓へ。

Fuji_0664

  
 

先日の記事でアシュラの調子がいまいちだったと書きましたが。。。

 

実は昨年末から、てんかん発作の頻度が上がっていたアシュラ。
(元気・食欲はあるんですけどね)

年明け早々にかかりつけの病院へ行って・・・・・薬の量を一時的に増やす事になりましたsweat02

 

今アシュラが服用しているのは、ステロイド(抗炎症剤)とゾニサミド(抗てんかん薬)。
ステロイドの方はもう8年以上。
そのせいかここ数年ALPの数値が高めに推移しているので、これ以上肝臓にはあまり負担をかけたくない。
 
(その前から腎臓の機能も既に弱っているし、コレステロール値も高かったり・・・他にもちょいちょい心配な要素はあるんですけど)


かと言って発作はできるだけ抑えてあげたい。。。。

 

基本アシュラの診察は色々な先生に担当してもらっているのですが、薬の量などは結構私が決めちゃってるような感じ。

どうしたものか・・・・
と、その日の担当だった若い獣医師さんと悩んでいたところに、院長先生がたまたま入ってきました。

もうかれこれ12年、アシュラをずっと診てきている先生なのでちょっと捕まえて相談。

『アシュラの根本的な病気の問題に効くのはステロイド。
抗けいれん薬は対処法でしかない。肝臓の心配もあるけど、てんかんの発作はアシュラ自身もかなりキツイはずだから、そこがまずは大事・・・・』と。

ですよね。
 
これまでのアシュラの経緯を考えてもステロイドの方が体の反応がいいと私も感じているので、納得。
もう8年もこの病気とつきあっていますから。。。


 

とりあえず1週間ステロイドの量を増やしてみて、発作の間隔が空かないようだったらさらに1週間延長。

1週間で発作が落ち着く様だったら、その後は元の量に戻す事になりました。

 

読み通り?
増量1週間で発作がおさまりましたhappy01

 

薬の量も、通常モードに戻り・・・・
ほっと一安心で南会津のスキー&雪遊びにも無事に一緒に行けましたheart04 

 

てんかん発作って、発作が出ている間の事は全く記憶に無いので発作自体の痛みや苦しさなどはないのだそうですが(人間のてんかん発作経験者の方に聞きました)、発作の後の体の疲労感はハンパ無いんだそうです。
獣医さんによると、アスリートがやるようなキツイ筋トレを2時間ぐらいやったのと同じぐらい消耗しているんだとか!shock

 

そんなツライ事をもう何年も受け入れてるアシュラって。。。。ほんとにスゴイと思う。

 

5年前、ひどい重積発作で。。。
心臓は動いてはいるけど意識が戻らない状態になった時、獣医さんから選択肢のひとつとして安楽死をすすめられました。
   

動物として尊重するなら、安楽死を選んであげた方が苦しみを長引かせることも無かったでしょう。
犬という生き物を、犬という動物として見なしてあげられるだけの成熟した飼い主だったら、その方が正しいのかも。。。。
  

 

でも、その選択は私にはやっぱりできなかったんですよね。
隣で今まさに息をしている愛犬の生を止めるなんて、、、、

  
アシュラは私にとっては子供同然。
犬を擬人化するなんて犬を飼っていない人からみたら馬鹿げた事に思えるでしょうが、犬を飼っている人ならきっとみんな理解できる心情かと。

 

 

瀕死の状態を乗り越えたものの、目は見えず、体の自由もあまり効かず、ご飯も介助が無いと食べられない状態のこの5年間。

「すごいね」

「えらいね」

と褒めていただいたり、励ましていただく事がたくさんあります。 
もちろんその言葉に本当に救われていて、実際頑張れているのですが・・・・
  
  

でもあの時の選択(安楽死するか否か)が正しかったのか、、、、

今でも自問自答しない日はありません。

たぶん一生答えなんて出ないのでしょうが。

  
 

それでも、側で穏やかな寝息をたてるアシュラの寝顔を見ているだけで幸せだと思える。。。。。。

これが全てなのです。

  
  
 

*****

 

日本屈指のパワースポット。富士山fuji

発作が続いた上にお出かけもあったりしたので、ちょっとパワーをもらいに行ってきました。
(カルラも雪遊びができて発散できるしねscissors

 
  

混んでなければウチから車で1時間ぐらいなので、ドライブ好きのアシュラにはちょうどいい距離でもあるのです。

Fuji_0431

先日の南会津は雪が深すぎてアシュラは雪遊びさせてあげられませんでしたが、今回は大丈夫でしたgood 

  

Fuji_0481

遊ぶって行っても、雪食べてるだけですがcoldsweats01
美味しいのかな~?

 

まぁでも、元気だった時は雪遊びが大好きなコだったので、ちょっとは思い出してテンションも上がってるんじゃ?と思います。(飼い主の勝手な想像ですが…笑)


  

Fuji_0737

充電できたかな~~?heart04

 

 
  

---


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

南会津は豪雪!②

  
 

スキー部合宿2日目。

実は前日、滑っている間にパパのスキーブーツがお陀仏に。。。。

足首から上のプラスチック部分がパッキリannoy割れてブーツが上下2分割!
しかも左右ともwobbly

15年もののLANGE(ラング)。
まぁ大往生ってところでしょうか。。。。

 

んなわけで、2日目は滑る気ゼロの我が家。
(ブーツをレンタルしてまで滑るほどの気合はナシ。。。。coldsweats01

 

前々から一度は行ってみたいなぁ~と思っていた、那須の超有名なベーカリー&レストランに寄ってみよっかな~~とつぶやいたら、「うちも!」と賛同者が続出!

結局みんなで行くことに。(すばらしい団体行動!笑)

 
 

その前にペンション近くのグラウンドでワンコ達と雪遊びする事に。
せっかくのパウダースノー、堪能しないとねっwink

 

「靴のままだと腰まで埋まっちゃいますよ~」とペンションのオーナーさん。

急遽みんなでスノーシューをレンタル(¥1,000@1日)しました。

何とフェリチェさんが20分(ちょっ早!)で全員分を準備してきてくれました~~
ありがたやheart04ありがたやheart04heart04

 
 

だだ広のグラウンドが貸し切り!

P2010368

P2010364 

人も犬も
ハッチャケる
ハッチャケるnote

 
 

至福のカルラheart01

P2010373

P2010377

P2010379

 
 

顔が雪まみれになってたって全然気にしません。
それぐらい、楽しいんですhappy02

P2010467

P2010392

P2010580

P2010599

どんだけ嬉しいんだか(笑)
こんなん見てると、こっちの方が嬉しくなっちゃいます。

犬の笑顔は最高のセラピーですねheart01

 
 
 
 

たっぷり遊んだあとは、本日の目的地へ。。。。

 
 

ここです!

Ddj_0056

 

ビートルズファンも、ファンじゃなくても、那須といえば!
って感じですが、実は初めてsweat01

 

『パンも美味しいけど、レストランのお食事も美味しいのよ!』
ってLママさんからいつも聞いていたので、一度行ってみたいな~~と。

那須に来るとついつい軍鶏ラーメンに心が惹かれてしまって。。。 

 

でも今度こそは!
と思っていたのです。

 
 

店内は焼きたてパンのい~ぃ香りに包まれてlovely
どのパンもホントに美味しそぉぉぉ!

注文したお料理を待っている間に人気商品のリンゴスターが焼き上がるというので、出待ち?してGETしました!(笑)

 

レストランはランチタイムが17時までなのも嬉しい♪
(お店に入ったのが14時過ぎてたので、ランチは終了しちゃったかなぁ。。。と正直諦めていたのです)

 

お料理はどれもボリュームたっぷり!
でもみんな腹ペコだったので、望むところでありましたsmile

Ddj_0057

私が注文した「ハンバーググラタン」。
グラタンはどこ?ってぐらい、ハンバーグの存在感がハンパない! 

 

Ddj_0071

パパは和牛のビーフシチュー。
パンorライスはおかわり自由!
せっかくペニーレインに来たんだから、やっぱパンよね~~

  

その他。。。。

Ddj_0068

Ddj_0062_2

Ddj_0067

アボガド、でかっsign03

 

想像してたより、店内はかなり広かったです。
そしてお店の雰囲気がとってもいいんですよ~shine
妥協してない感じというか。。。

廃れず、いまだに人気を維持してるのも納得です。

 
  

ペニーレインに来たら記念撮影も忘れずにcamera

Mddj_0081

横断歩道もちゃんと除雪してくれてますgood


 
 

スキー部あらため、グルメ部?

しかも次回活動はスノーシュー部になるとかならないとか。。。coldsweats01

 

カヌー部にスキー部に、スノーシュー部に、カメラ部も発足希望が出てるし。
どんだけ掛け持ちしてるんでしょ?
(部員はほぼ同じメンツですが・・・・笑)

 
 

皆さんホントに犬遊び上級者。

 
 

また遊んで下さいねheart04

  
  
  

---

 
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

南会津は豪雪!①

  

気がつけばもう2月.....coldsweats01sweat01  
1月はアシュラの調子がいまいちだったりで、なんとなくダラ~っと過ごしておりましたsweat02

 

そろそろエンジンかけないと。。。。。

 

って

かかっても私の場合、たかが知れてますが。。。。。。。sweat01sweat01

 

  

1月最後の週末は、犬飼いスキー部の11人12頭の面々と南会津へ行ってきました。
もはや毎年恒例?(今年で3年目に突入!)

 

お泊りはもちろん、ペンション・フェリチェさん♪

今回も貸し切りにして頂けたので、気兼ねなくワイワイ大騒ぎ!
メンツも去年と同じなので、部屋割りも

「去年と同じで~」

の一言でOKだし(笑)

もう勝手知ったるな上に犬連れには本当に至れり尽くせりのお宿なので、自分の家のようにリラックスして過ごさせていただきました☆☆☆

  
 

まずはペンション裏のドッグランでワンコ達を放牧~~dash

 

P1310112

猛吹雪ですが。。。。この笑顔sweat02

 

今年の南会津は今までで一番雪が多かった!

高速下りてからもしっかり路面に雪があったので、みんな慎重に低速走行だったもんね。(今まではスキー場近辺まで路面に雪はほぼ無かった…)

 

P1310031

雪質はパフパフのパウダースノーsnowshine
  
どんだけダイブしても無衝撃なもんだから、若いワンコども、走れば走るほどテンション上がる上がる。。。。sweat02

 

それだけ雪深い上に人間でも息苦しくなるぐらいの吹雪だったので、アシュラはお部屋でヌクヌクしててもらいました。

アシュラをこの中に放り込んだら、確実に埋没してしまうので。。。。wobbly

 
 
 

ひと遊びした後は、ゲレンデへsnowboard

P1310182


  
 

しか~~し。。。。

  

ベースでこんだけ吹雪いているという事は、山の上は当然もっとスゴイわけで。。。。。

 

P1310215

なんも見えない・・・・shock

 

もうこの時点ですっかり心が萎えてしまったワタクシdown 


 
 

一応、「スキーはやった」という証拠写真だけシッカリ。

P1310187

 
 

で、この後数名の女子達と『席取りしておくね~』とか言いつつレストハウスへ直行dash 
(ガラガラなので席取りなんて実際には必要ないsweat02

  

K家はじめ、ガチな方達はランチ後すぐに滑りに行かれましたが。。。。

 

Rママさん・Sママさんと一緒にそのままアフターランチrestaurant女子会突入coldsweats01

あっ
若干一名、飲んだくれbeer男子も混ざってたねsmile
(でもしっかり女子会に馴染んでたような。。。。笑)

 

いや~~でも何気にこの女子会トークが楽しかったのですよ♪
授業サボって体育館の裏で盛り上がる的な?

 

結局夕方まで標高1200mトークは続き、辺りが薄暗くなってきたので仕方なく重い腰をあげて下山したところでスキー場営業時間終了のアナウンス!

営業時間ギリまでゲレンデにいたのなんて何年ぶり?
(って、ほぼ滑ってませんがsweat01

 

で、気分だけはやり切った感、満載good
(だから、ほぼ滑ってませんがsweat01sweat01) 

 

 

ペンションのディナーrestaurantはカジュアルイタリアン。

Ddj_0017

  
   
  
全然動いてないくせに、お腹だけはしっかり空くのだ(笑)
  

Ddj_0026

生地がもっちもちの美味ピザ♪
    
     

 

Ddj_0031

パスタは私の好きなクリーム系shine
もぉ~アガるわぁ~~~

 

Ddj_0036

フェリチェさんご自慢のシフォンケーキ♪
お腹がいっぱいでも食べれちゃうgood

 

日々毎食の食事(大したご馳走じゃ無くとも)の事が頭の中に張り付いている主婦にとって、座ってるだけでご飯が運ばれてくる幸せって。。。。
しかもこれが美味しいと来たら。。。。。。ホントにありがたいのですよheart01

 

   
夕食の後は恒例の二次会bottleのハズが。。。。
  
  
昼間ガチで滑った体力自慢の方達、ほとんどが撃沈downdown
(猛吹雪ってやっぱエネルギー使うのね~~)
  
 
 
早々にお開きになり、一日目はまるで青少年の合宿?
23時消灯という健全ぶり(笑)
  
 
 
犬と遊んでる人達ってみんな(私を除いてcoldsweats01)年齢の割にタフで若い感じがするけど、落ちるsleepy時もまるで子供みたい(笑)
  

  
  

pencil南会津で雪遊び☆2日目へ続きます。。。。 on 
 

  
  
--------
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »