« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月24日 (日)

帰ってくる~~♪

 
 

帰ってくる~~♪

帰ってくるぞ~~~♪

 
 

真央ちゃんがheart04heart04

 
  

フィギュアファンとしては、やっぱり語らずにはいられないhappy01

 
 

本人は「練習をしてみて、試合に出られるかもしれないし、出られないかもしれない」

と慎重に言ってるのに、報道はすっかり 『真央、現役復帰!』 の大見出しですねsweat01

 
  

おいおい。coldsweats01

 
 
 

まぁたぶん、よほどの怪我でもしない限りは間違いないでしょうけど。
 
(それだけ日本中が待ってたって事ですね~~)

 

小さな時からたくさんの注目を集めて、まだ10代そこそこの女の子がとんでもなく大きな荷物をずっと背負ってきた。。。。

真央ちゃんの活躍のおかげでたくさんのお金がフィギュアスケート界に入るようになって、その恩恵は他の選手達にもシェアされてきたハズです。

(フィギュアスケートは本当にお金がかかるスポーツですから・・・)

そして世界で活躍する日本選手がどんどん増えて・・・・・今のフィギュア人気の原動力になったのは間違いないですね。

 

それに「トリプルアクセル」って言葉が世間一般に通用する国って、日本ぐらいでしょ(笑)

 
 

昨シーズンはその重たい荷物をやっと下ろしてひと休みしていたわけですが、また再び背負う覚悟を決めたんですね。その道は今まで以上に険しいかも知れないけど。。。
  
(真央ちゃんが休憩している間、その荷物は羽生選手が代わりに背負ってたような気もしますが・・・・せめてこれからはもっとたくさんの選手で荷物を分け合えるといいですね)



でも競技会で真央ちゃんの演技が見られると思うと、やっぱり嬉しいな~~♪
  
  
現役復帰しなくてもアイスショーなどで真央ちゃんのスケートは見る事ができますが、私はやっぱり競技者・真央ちゃんが観たいheart01

 

以前の記事で真央ちゃんのファンは日本だけじゃなく、世界中にたくさんいると書きましたが、今回の復帰報道もあっという間に世界に広がって反響があったみたいです。

 

Twitterからちょこっと抜粋。

    

アメリカの有名プロスケーター「ジョニーウィアー」。

最近は日本のバラエティ番組にも出たりしていて、日本でも人気が高いスケーターです。
(羽生選手の衣装をデザインした事でも有名ですね)

アメリカではフィギュアスケートの解説などもやっています。
(ジョニーの解説はとてもわかりやすくて、採点上の重要なポイントなどを的確に説明してくれるので私は大好きです。発音もキレイなので、英会話初心者でも聞き取りやすい英語なんですよね~~)

Johnyweir_001

直訳すると、こんな感じでしょうか?

“浅田真央が競技に戻ってくるなんて、とってもワクワクね。
 彼女の戦う姿と新生・真央を観られる事を楽しみにしてるわ。
 素敵なニュースねheart01

(そっちの方のおカタなので、おネエ風に訳してみましたcoldsweats01



 

もひとつ。
世界のフィギュア情報を発信している「ISU Reporter」では・・・

Mao_001

直訳だと。。。

“浅田真央が次のシーズン(競技に)戻ってくる。
 我々は両腕を大きく広げて彼女の復帰を歓迎します。”

かな?

"~ with arms wide open"( = 両腕を大きく広げて)

って表現がww。
大歓迎!待ってたよ!って感じですかね~

ちょっと前に真央ちゃんと同じように昨シーズン休養していて、今年から復帰する事を発表した海外のトップスケーターがいるのですが・・・・・その時とは大違い!(笑)

 

そしてこのツイート、「#WeMissMao」ってハッシュタグ(#)がついてます。
("WeMissMao"=真央がいなくて寂しいよ~→“真央ロス”ってとこでしょうか…)

それもなんだか嬉しい♪

 
  

*****

 

真央ちゃんの復帰を聞いて、フィギュアファンとしてはルール改正で昨シーズンから厳しくなった

①:「ルッツ(Lz)ジャンプ」と「フリップ(F)ジャンプ」のエッジエラーの減点(真央ちゃんはLzが苦手)

②:2回転ジャンプは各種類2回まで

あたりを、どう対応してくるのか見守りたい所ではありますが。。。

 

ナント既に、『3Lo(トリプルループ)+1Lo(シングルループ)+3S(トリプルサルコウ)』という新しい3連続ジャンプの練習にも挑んでいるとか?!wobbly
  
このシングルループ(1Lo)を間に挟む3連続ジャンプ。
最近トップ選手が取り入れ始めている高難度の3連続ジャンプです。
  
女子では、、、、
  
日本の本郷選手が『2A(ダブルアクセル)+1Lo+3S』を。
ロシアのラジオノワ選手が『3Lo+1Lo+3S』に、既に挑んでますね。
  
※ちなみに男子の方が取り入れている選手は多いです。羽生選手は、『3A(トリプルアクセル)+1Lo+3S』の3連続を点数が1.1倍になる後半に跳ぶことで高得点を稼いでいたりします。
  
  
 
ソチオリンピックのシーズンでは、真央ちゃんの3連続ジャンプは 『3F(トリプルフリップ)+2Lo(ダブルループ)+2Lo』 の構成でした。
  
でもこれだと、もし他で「3Lo」を失敗して「2Lo」になっちゃったりした場合、上のルール改正「②」(2回転ジャンプは各種類2回まで)に引っかかっちゃうんですよね。
   
同じ種類の2回転ジャンプを3回跳んじゃった場合、3回目の得点は「ゼロ」になっちゃうという。。。。sweat02
もしそれが連続ジャンプだったら、連続ジャンプ全部丸ごと「ゼロ」に。。。。shock
  
 
なので最近は、真ん中に「シングルループ(1Lo)」を挟むパターンの3連続にする選手が増えてます。
この手法だと、コンビネーションのバラエティも増やせるメリットもありますし。
(バラエティが増えるのは、ジャンプを踏み切る足の関係なのですが・・・・)
  
 
話がちょっとマニアックに走ってしまいましたが。。。。

 

 

つまり真央ちゃんは、前の状態に戻すだけじゃなく、新しい技にも挑戦してる!
  
 
って事です。

 

「アスリート・真央」が戻ってきたど~~~dashhappy02shine

 

秋のシーズンスタートがホントに楽しみ♪
  
  

(だからまだ復帰するかどうかわからないんだってばね・・・・smilesweat02

 
 

 

****** フィギュアスケートのジャンプのルールについて ******

上のマニアックな話を補足するための、さらにマニアックな内容です。
 
tulip真央ちゃん復帰するし、フィギュア観てみようかな~
tulipルールも少しはわかっていたいな~~
  
なんて、興味のある方だけどうぞ。。。。
  
 
danger男子シングル・女子シングルに限定した内容です。しかもかなりザックリですsweat01
danger昨シーズンまでのルールに基づいてます。たぶん来月あたり、またルール改正があると思います…coldsweats01

 
上の説明で「3連続」やら、「ジャンプの種類」やら、なんぞや? と思った方もいるかと。。。
 
 

とりま、今認められているジャンプの種類を難易度順(得点順)に表にしてみました。

Ejamp002_2


競技で跳べるジャンプの回数
 
まずシングル競技は、

・ ショートプログラム(SP) : 男女とも 2分50秒以内
・ フリースケーティング(FS) : 男子:4分20秒~40秒/女子:3分50秒~4分10秒
 
二つの演技の合計点で順位が決定しますが、ここではとりあえずフリースケーティング(FS)についてのみ。
 
 
① FSでは、男子は8回・女子は7回のジャンプが跳べます。
② そのうち、1回を3連続ジャンプに、2回を2連続ジャンプにできます。
 
※②についてはわかり易くするため、かな~~りザックリとした説明になってます。
 実際はもちっと複雑な内容ですが・・・・・まぁ、だいたいです。
 

つまり、FSにおいて跳べるジャンプの最大個数は
 
・ 男子は5回・女子は4回の単独ジャンプ。(男子5コ/女子4コ)
・ 2回の2連続ジャンプ(2×2=4コ)
・ 1回の3連続ジャンプ(1×3=3コ)
 
合計、男子12コ・女子11コ、となります。(ザックリ言うと、ですよsweat01
 

選手はこの12コないし11コのジャンプを表中に書かれているような制限の下で、自分が跳べる最高難度のジャンプから順に、できるだけ高得点がとれるように組み合わせを考えるわけです。
  
こんなちょっとした事を知るだけでも、フィギュアスケートの見方が変わるかと。
観戦の見どころも増えますよね~~
 

 
******
もっとちゃんと知りたいよ~~という方はこちらも参照してみて下さいね。

<2014-2015シーズン テクニカルハンドブック(シングル用)>

<価値尺度(SOV),難度レベル(LOD),GOE採点のガイドライン> 

<価値尺度(SOV),難度レベル(LOD),GOE採点のガイドライン(修正・訂正版)>

******  

 

 
---

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

まるっと宮城(+ちょこっと岩手)~④ 新川(にっかわ)のニッカ

  
  

南三陸からは、三陸自動車道(一部無料区間)~仙台北部道路~東北道と、仙台市街をグルッと迂回。

パパリクエストのニッカウヰスキー宮城峡蒸留所へ。

 

そういえば・・・・・東北道で今回初めて気が付いた事が。

北海道まで車で帰省している我が家。
もうかれこれ20回近く東北道を通っているのですが、宮城県を通過する時はたいてい夜中night
なのでまわりがどんな景色なのか全然知らなかったんですよね。

泉PAあたりに差し掛かったあたりで、目の前にドデカイ観音像!

『こんなん、あったんだ!!』

とパパとビックリeye

トンネルやカーブが少なく割と運転し易い東北道ですが、この辺りは例外でアップダウンと急カーブが連続するのでゆっくり景色を眺めるって感じでも無かったりして・・・

 

もう何度も通っている道なのに、なんだかちょっと新鮮でした。

 
 

10年前にニッカウヰスキーの余市蒸留所に行って以来、ニッカFANのパパ。
それ以来北海道に帰る度に余市の蒸留所には何度も行っているのですが、宮城の方は初めて。

最近はNHKの朝ドラ「マッサン」効果で、ものすごい人気になっているらしいですね。
特に中国人観光客の買い方がスゴイらしく・・・・一番お高いウイスキーからどんどん品切れになっているそうなsweat02

パパが余市で手に入れた「シングルカスク」という人気のウィスキーは、マッサン特需で今や欠品状態。
ヤフオクでは、買った時の値段の一桁上の金額で取引されているらしい・・・・coldsweats02

 

新川(にっかわ)と広瀬川、ふたつの清流に挟まれた宮城峡蒸留所。
ニッカウヰスキーだから、新川(にっかわ)に?
 
なんて訳では無いんでしょうが。。。。(笑)
 

Sanriku_0023_2

この日最終の工場見学案内の時間間際に到着。

駐車場の係員さんが「工場見学はこちらですよsweat01」と焦りながら親切に誘導してくれたのですが、

「いや・・・・工場見学はいいんで、売店はどこですか?」と、ワタクシ。

「へっ?」 と拍子抜けした係員さんの表情が忘れられませんsmile

  
 

Sanriku_0024

売店は坂の下に。 
  
 
この日はそんなに混んでいませんでしたが、GW期間中は駐車場から国道に出るまでの道が完全に詰まってしまうほどの来場者で大変だったそうです。

 
でもテレビの人気って、ワッと沸いて、シュッと冷めちゃいますから・・・
そんなんも、あと数年の事だと思うんですケドね。
 
美味しいウイスキーは何年も(10~25年)熟成させてできるわけで、今お客さんが増えたからって1,2年で増産できるのはブレンドものぐらいでしょうか。
 
だから仮に今年増産したとしても、そのウイスキーが出荷できる頃には今の人気が続いているかどうかはわからない・・・・

Sanriku_0026

Sanriku_0029

この人気も薄れていかない事を祈るばかりです。。。

まあ元々のファンとしては、潰れない程度に人気が無い方が買いやすくていいってのが正直なところですけどcoldsweats01

 

 

最寄ICまで向かう途中、住宅街の中にあった公園でとりあえずアシュカルの夕散歩。
  
今回の旅行、アシュカルをお散歩させてあげられるようなポイントが見つからず・・・
結局車待機ばかりだったので、高速にのる前に少しガス抜きですdash

Sanriku_0083

 

Sanriku_0048

姉ちゃんもお目覚めだったので一緒にheart04

 

 

 

この日まわったルートを地図にマーキングしてみました。

2015tohokumeguri_map_2

宮城県の右半分をまるっと周遊した感じですかね。

 

まぁ一日でよくこれだけ回ったもんだ!

(これに加えて仙台市街まで見ようとしてたなんて・・・・無謀でしたねcoldsweats01
  
  

 

長々と綴ってまいりましたが・・・・・
GWの濃いぃ~~一日旅日記、これにてオシマイですend
 

(こんなに長くなる予定では無かったんですがsweat01) 

 
ご静読、ありがとうございましたheart01 
  

 

---

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

まるっと宮城(+ちょこっと岩手)~③ 津波の爪跡

  
 

※この記事の下の方で津波被害を受けた地域の写真を掲載しています。
 苦手な方はスルーして下さい。

    

中尊寺の数々のお堂をゆっくり拝観した後は、東へ・・・・
東日本大震災の津波で大きな被害を受けた太平洋沿岸地域へ。

 

震災から4年が経ちますが、津波の被災地域を訪れるのは初めて。

何となく、、、、、ずっと来ちゃいけないような気がしていたんです。

被災したわけでもなく、力仕事ができるわけでもなし。
直接復興の手助けになるようなスキルも持たない自分がこの場所に来るというのはただの自己満足なんじゃないか。
そしてそんなつもりは無くとも若干興味本位的な意味合いも持つような気がして。
傷ついた被災地や、被災した人達の心の傷跡に土足で入り込むような気がして・・・・・

 

2年前。
神奈川の川原で偶然お会いした、ワンちゃん連れのご夫婦。
元々福島に住んでいらっしゃったのですが、津波で家が流され。。。
ご家族は皆無事だったそうですが、留守番をしていたワンちゃんと猫ちゃんは津波に流されただろうと。。。。。辛いお話をご自分からして下さいました。

恐らく体の不自由なアシュラを見て、私を励まそうとしてくれたんだと思います。
ご自分の方が辛い思いをしてらっしゃるのに。。。。。今思い出しても涙が止まりません。

そしてもしそれが自分の身に起こって、アシュラやカルラだったら…と思うと尚更。
  
(その時の記事はこちらです)

 

そんな事もあり、津波の被害のあった地域に出向く事に躊躇があったのです。

 
 

でも、あれから4年。

 
 

テレビのニュースなどからは依然として復興のスピードがなかなか上がらない様子が。

それでも再起をかけて前に進んでいる人達もいて、「ぜひ観光に来て下さい」という言葉も多く聞かれるようになってきました。

そんな言葉プラス、自分の目で見る事は決して後ろ向きの意味だけじゃ無いんじゃないか?なんて気持ちの変化もあり・・・・訪れてみる事にしました。

 
  
   

中尊寺から気仙沼へ抜け、海岸線に沿う国道45号を南下。

まず最初にダンプの多さに驚きました。
国道を走る車の9割ぐらいがダンプなのです。ちょっと異様な光景でもありました。

大型車が進入できる交差点では右折待ちのダンプの渋滞が激しく、直進のダンプが譲ってあげたりするので気仙沼から少し離れるまでノロノロとしか車が進まない感じでした。

 

実際に見た津波の爪跡は・・・・

 
気仙沼の辺りは被害のあった地域が海に沿うような感じで広がっている印象。
造成工事がかなり進んでいて、東京湾岸の埋め立て地に似たような風景でしたが・・・・
 
そこには以前確実に、家があり、店があり、人々の営みがあったわけで、、、、
  
でもこの規模で将来新しい建物や商業施設なのが立ち並ぶと、「津波の記憶が薄れてしまうのが怖い」と地元の方が言うように、全く別の街並みになるんだろうな・・・と。
 
それは良い事でもあるのだろうけど。。。。なんだか複雑な思いでした。
   
 
 
そして車を走らせながらわかったのは・・・・
 
テレビを通して伝えられる被災地というのは、全体の中のほんの一部分でしかない、という事。 
私達が知らない津波の被害を受けた町や村が、海岸に沿って本当にたくさん存在しているという事です。
 
気仙沼から南三陸町まで約40kmぐらいなのですが、その間に幾度となく現れたのが、この標識。

10422041_559595840847183_6386473399

この標識が現れると、その先には開けた広い更地が姿を見せませす。

そう。
全て流されたから更地、なのです。

たった40kmの間に、それが何度も何度も、繰り返されるのです。。。。。

 

テレビからはわからなかった現実を、思い知らされました。

  

本当は車の中から復興の現状をカメラで撮っておこうと思ったのですが(パパが運転だったし)、そこに尊い命の犠牲があると思うとそれも失礼な気がして…あまり撮れませんでした。

 
  

南下するにつれ、落橋が目につくように。

  
  

そして、南三陸に入ると・・・・・もう、絶句、としか言いようがない景色が。

  

想定外の高波の影響もあり、津波が来る直前まで避難のアナウンスをした職員の女性もその犠牲になった、あの地域です。
町のほとんどが壊滅的な状況になったと報道では知っていましたが、これほどまでとは・・・・

 

【震災前の南三陸・志津川地域】
201405252122318e5

    
   

【震災直後の同じ場所】
0903_shizugawabyouin

   
   

【現在の志津川地域の状況】
Cimg1483
 

 

※以上3枚の写真は行政のHPより拝借しました

  
 

それまでの被害地域は割と海岸に沿うような形で広がっていたのに対し、この南三陸は地形に要因があるのでしょうが、相当内陸にまで津波の被害が及んでいます。

『町のほとんどが、津波にのまれた。。。。と言っても過言では無い』

実際に見ると、それがどういう事なのか・・・・

 

本当に言葉を失いました。

 

カーナビの地図を最新のものにアップして臨んだ今回の旅行ですが、当たり前ですがこの地域のマップは全く使い物にならず・・・・

もう昔の道がどこだったのかもわからない程。

 
 

ふと、つまらない事で悩んだりするのが馬鹿らしくも思えてきたり。。。。

 
 
  

お昼ご飯はココで。

Sanriku_0001

Sanriku_0002

Sanriku_0014

Sanriku_0013

Sanriku_0012

海鮮丼を注文。
新鮮でとっても美味しいお刺身でした♪
量も多くて、かなり食べ応えがありましたよ!

 

どのお店もかなり混んでました。
工事関係のお客さんも多いのかも知れませんね。

 

予定では松島を回って、仙台の中心部も観光できたら・・・・
と思っていたのですが、気仙沼~南三陸までで思ったよりも時間がかかってしまったので仙台の市街地はスルーする事に。

 
  

実は私が生まれる前、私の家族は仙台に住んでいたんです。
姉は仙台の幼稚園に通っていました。

母の話では当時住んでいた所はたぶん津波の被害は免れているとは思うけど、すぐ近くまで津波が到達してたっぽい・・・

 
札幌・仙台・前橋と住んだ中で、仙台が一番住みやすかったと言う母。
仙台には楽しい思い出もたくさんあるみたいです。

なのでその場所が今どうなっているのか、時間があったら見て教えてあげようと思ったのですが・・・・それはまたの機会にでも。

 
 

南三陸は仙台に住んでいた頃、まだ小さかった姉を連れて遊びにいった事があるそうです。

「松島の海はそうでもないけど、南三陸の海は本当にキレイで。。。」と言ってました。

 
 

でも今の南三陸は・・・・
南三陸だけじゃなく、国道45号を走っていて常にでしたが・・・・・

空気が悪いんです。

たぶんあちこちで造成工事をしているから、土埃が常に舞っている状態なんでしょうね。

 

そして少し内陸に行くと、こんな状況があちこちに。

11070497_559595814180519_4231545268

小高い山は木を伐採して、山が切り崩されています。

 

恐らく津波の被害のあった地域はこの切り崩した土で盛土をして、地盤レベルを以前より高くしようと造成しているんじゃないでしょうか。

だから、ダンプ。

そして、土ぼこり。

 

被害面積が大きいだけに、終わりの見えない、気の遠くなるような作業にも思えます。

 
  
  

復興は進んでいない訳じゃないのかと。
ただあまりに被害地域が広すぎて、少しずつしか進めないのかも。。。。

 

 

自分の目でみてみないと、知り得なかった事がたくさんありました。

思い切って訪れてみて・・・・・良かったです。

  
 

--- 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

まるっと宮城(+ちょこっと岩手)~② 中尊寺

 
 

厳美渓を散策した後は、世界遺産・中尊寺へ。
  

パパは初めて。
私は中学の修学旅行以来。

 

けど私は一度行っているとは言っても。。。。

四半世紀ぐらい前のコトだしcoldsweats01、当時公開されていた藤原氏のミイラがあまりに強烈過ぎて、その記憶しか無いという・・・・sweat02
(今はもうミイラは公開されていないみたいですね)

なのでほぼ初めてに等しいかもsweat01

   

朝一番に到着。

Chusonji_0001_2

Chusonji_0004

  
 
 

中尊寺は本堂の他にも小さなお堂がたくさん。
入って最初にあるのが弁慶堂。

Chusonji_0018

   

弁慶と義経の像

Chusonji_0025

  

義経に因んで鎌倉彫が施されているらしいですが、、、
Chusonji_0030

鎌倉彫って・・・・
逆に義経は浮かばれないんじゃ・・・・・と、ふと思ったりsweat01

  
 
  

朝一番と書きましたが、

Chusonji_0074

若干フライング気味だったため、まだ開門していなお堂がたくさんsweat02
帰りにお参りしました。

 
 

いよいよ本堂へ。

Chusonji_0047

Chusonji_0051

Chusonji_0058

Chusonji_0063

 

世界遺産だし、さすがに人も多かろうとアシュカルは車に置いてきたのですが・・・
  
(お天気がよかったので、窓を少し開けてMAXFANを強めに回し、遮光カーテンも閉めて車内の温度が上がらない様に。こーゆー時、やっぱりFANがあると便利ですね~)
   
予想に反して、ガラガラ~~~
Chusonji_0119

GW直後の平日だったからかな?

まぁ、ゆっくり観られて大満足ですけどnote
(これならアシュカルも一緒に連れて来られたかもね~)

 

  
そして、金色堂へshine

Chusonji_0104

金色堂内は撮影禁止camerabanでした。
 

皆さんご存知とは思いますが、一応説明しておくと・・・・・・・
   
この建物が金色堂、では無いんですよ。
金色堂は文字通り、全部が金箔で覆われた豪華絢爛なお堂。
 
その金箔shineを劣化や腐食から守るために、金色堂を覆うだけの建物が建てられたのです。(覆ってる建物もそこそこ立派に見えますけど、実は壁はコンクリート)
 
つまりこの建物の中に、金のお堂があるってワケ。
 
(ただでさえゼータクな造りなのに、維持するのにも大変なお金がかかっている・・・ってコトでも有名ですね)

実物の金色堂は・・・・やっぱり素晴らしかったですshineshine
細かい装飾物にまで全てに金が施されていて、ヤコウ貝や象牙などの宝石がさらにゴージャスさを強調。
 
夢の極楽浄土を体現したと言われてますが、権力者が金ピカを好むのは、今も昔も変わらずといったところでしょうか。。。

 
 
金色堂は一番奥にあるので、そこからUターン。
 
  
 
芭蕉さんの像。
Chusonji_0122
 

     
 
白山神社の能舞台。
Chusonji_0150
 

           
鏡板に描かれた「老松」。
Chusonji_0155

 
 
行きに閉まっていた薬師堂は目のご利益があるらしく、「め」の絵馬がたくさん納めされてました。
Chusonji_0075

    
   
「ほぉ~」ってコトで、パパも私も目を使う仕事なので「め」のお守りを購入。Img_4241
ご利益ありますようにheart01 

  
 

  
GWの中尊寺。
 
八重桜とツツジが綺麗でした・・・

Chusonji_0168

Chusonji_0172

Chusonji_0248

Chusonji_0090

 

 

---

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

まるっと宮城(+ちょこっと岩手)~① 厳美渓

  
  

GWに遡りますが・・・宮城を中心に東北をちょこっとまわってきました。

 

我が家のGW、パパは有休をくっつけて9連休だったのですが・・・
5/5にDDJの大会があったので、それまでは私が落ち着かず。
その後は私の仕事が入っていたので、大会が終わった後平日に1日半だけ何とか時間を作って行ってきました。

せっかくのGWだし!

 

1日目は午後からのんびり出発rvcar

 

東北道を一路北上し・・・・
岩手県に入ってすぐの、ココで車中泊。

Genbikei_0001

「道の駅 厳美渓」

 

さすが東北。
この時期でも夜中に寒くて目が覚めて、ヒーター点けましたよcoldsweats02  

 
 

翌朝は、渓流散策へ。

Genbikei_0033

奇岩、瀑布、深淵と様々な表情を見せる景勝地、『厳美渓』 

Genbikei_0023

 

Genbikei_0020


 

吊り橋もありました。

Genbikei_0080

Genbikei_0095


 

パパは写真を撮るために散策路を外れて川原へ。

カルラを連れて行くにはちょっと足場が悪そうだったので、私とカルラは歩道のルートへ。

Genbikei_0118_2

Genbikei_0127

Genbikei_0121

 
 
 

気持ちのイイ、朝散歩でした♪

 
 
  

---

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

モデルとアジフライ

  
 

鯉のぼりを見た後は一路南下。

 

前々から行ってみたかったお店があり・・・・
開店まで時間があったので、暇つぶしに小田原フラワーガーデンへ。

こじんまりとした規模ですが、手入れが行き届いていて温室以外はペットOK。
しかも駐車料・入場料は無料!(コレ大事smile

 

入ってすぐにイイ感じの雛壇tulipがあったので

Odawara_0253

  
  

早速カルラを座らせてパチリcamera

Odawara_0017

 
 
  

と、そこへカメラを抱えた若いおねーさんがやって来た。

「突然スミマセン。今、下で見てたんですけどあまりに可愛すぎて・・・私も撮らせてもらっていいですか?」

ですと。smileheart04

Odawara_0039

 

そ~でしょ、そ~~でしょ~~~と言いかけた言葉は飲み込んで(笑)、

『どうぞ~』

と涼やかに答えてみせたワタクシ。(心の中は超ガッツポーズscissors

 

「ちゃんとジッとしてて、すごくお利口さんですよね。どうしたらこんな風になるんですか?」

 

とまで言われちゃいました♪
(え? どーせお世辞でしょって?? だとしても嬉しいモンheart01happy01

   

おねーさんにもしっかりカメラ目線&笑顔を振りまきぃ~の。
カルラもすっかりモデル気分だったようです。(ホントか?笑) 

  
 
  

一方アシュラ姉ちゃんは川原で日に当たって疲れたのか・・・・ぐっすりスヤスヤsleepy

Odawara_0009

こういう時はね、起こさない方が無難なので・・・・coldsweats01
寝てればホント、天使だしheart04

  
 

園内、色々な季節のお花が咲いてましたよ~

 

バラ達。

Odawara_0169

Odawara_0220

Odawara_0239

Odawara_0246

   
   

これはモッコウバラ
Odawara_0031

   
  

アリウム
Odawara_0024

   
     

フジもたわわ♪
Odawara_0075

Odawara_0091


  

スイレン
Odawara_0104

Odawara_0124

Odawara_0116

Odawara_0118

  
   

他にもたくさん。
一年中いろいろな花が入れ替わって楽しめるようですよ。

  
  

一回りしたところで小腹も空いてcoldsweats01、早川港へ。Odawara_0269

  
 

行ってみたかたお店とは・・・・・・ココ。
Odawara_0267
  

   

誰?
やっぱ食いモンかよ、とか言ってるのww。

 

開店15分前に着きましたが、順番待ちの記帳にはすでに10家族以上~~wobbly
並んでいるうちに注文をとってくれるのですが、何せ小さいお店なのでなかなか回転しない。。。。

 

1時間半、待ちましたsweat01

 
 

パパはお刺身5点盛りとアジフライ定食。(ご飯おかわり可)
Odawara_0272

でもお刺身は6種類のってた♪

 
 

私は海鮮丼とアジフライ定食。
Odawara_0281  

Odawara_0274

注文をとる時に「女性のご注文はどちらですか?」って聞かれたので、何でかな?と。
丼のご飯が少な目だったので、もしかしたら女性にはご飯少な目にしてくれるのかもです。

  

とにかく想像を超えるアジフライ!

 

ふっくらとして目茶目茶やわらかい。
アジフライがお箸で簡単にほぐせるって、どーゆーコト??って感じです。

 

小骨や尾びれもキレイにとってあるので、高齢の方や小さな子供でも安心して食べられると思います。

  

アジフライにしてはちぃとお高め。
でも、これはヤミツキになるのも納得かも~~

 
 

GW中の土曜にしては思っていたよりも道も空いてました。

  
 

ドライブ中に無事にカーナビのバーションアップも終了。

   

1時間かかってデータをコピーした後、「〇〇を更新します」のメッセが何度も画面に現れ・・・・

バージョンアップが全部終了するまで、いったい何回再起動すれば気が済むんじゃ?って感じでしたけどsweat02

 

カーナビのバーションアップ。
遠出する前に全部済ませておく事をおススメしますsweat01

 
  
    

---

  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

天空を泳ぐ

  
 

ピーカンsunな我が家のGW初日。

 

カーナビのバージョンアップも兼ねて、ちょっくら近場ドライブに行ってきました。
(DLデータをSDカードに移して、それをカーナビにコピーするのに1時間・・・・sweat02
 タダだからまぁ許せるけどさ・・・・sweat02sweat02

 

Sagami_0052

 
 
 

相模川の川幅いっぱいにズラリと並んだ鯉のぼり。

Sagami_0168

 
 

Sagami_0113

約1200匹。
なかなかの圧巻でしたよ。
(もーちょっと風があればね~~sweat01

 

Sagami_0147

Sagami_0117


  
 

5/5まで、泳いでるそうです♪ 

  
  

---

 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »