« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月22日 (月)

アシュラ、ありがとう。。。

  
 

6月18日 17時19分。

アシュラ、お星さまになりました。

  
  

長年病気と闘ってきたアシュラですが、最期は本当に呆気ないほどアッサリと、駆け足で旅立っていきました。

 

亡くなる数日前からちょっとした変化はありました。
何度立たせてもすぐに右側に倒れてしまうようになって・・・・
5年前の重積発作以来、右回りにしか動けない状態ではありましたが、それがもっと酷くなったような感じです。

『脳の中がさらに異常になっているのかも・・・』

とは感じましたが、病院に駆け込むことはしませんでした。

病気を患いながらも、もう13才。

最初に髄膜脳炎を発症してからは9年超。
これ以上、無理に頑張らせるような事はしたくなったので・・・・
アシュラに、自然に、あるがままに任せようと、、、

 

でも食べる時は体を支えてやればちゃんとお座りしてしっかり食べるし、食欲も全然衰えず、ドッグフードもいつもの量をペロリと完食していました。
排泄も横たわりながらも、一生懸命脚を動かして自分でちゃんとしていました。
亡くなる前の日の晩御飯もしっかり完食だったんです。

急変したのは亡くなる日の朝。
朝ごはんをほとんど食べられませんでした。
フードの匂いや音で、お皿に口は近づけるのですが、口が食べる動きになっていない状態。

脳からの伝達が正常に運動動作につながっていない感じ、とでもいうか・・・

アシュラの大好きなヨーグルト水をシリンジで口の中に入れてやったりもしたのですが、飲み込む動作も、その意思も感じられず、そのまま全部口からこぼれてしまう感じ。

 

「あぁ、ついに来たのかも。。。」

 

直観というか、これまでアシュラは3度死に目に会っているので、その経験からというか。。。。
何となく察するものはありました。 

 

あと亡くなる前日から、めったに吠える事のないアシュラが、やたらと吠えていました。
亡くなった日は特に一度吠えだしたらなかなか止まらない感じにまでなってしまって、開けていた家中の窓を近所迷惑になるので閉めたぐらいです。

ご近所に迷惑がかかるほどアシュラが吠えたのは、後にも先にもこの日だけのこと。

 

その吠え方も無意識に吠えているような感じ。
吠えるというより、何かと戦っているかのような叫びに近い。

そして一日中、とても息づかいが荒かった。

痛みや、苦しみがあったのかも知れません。
それと必死に戦ってたのかも。
 
抱っこしてあげると、少し落ち着く時もあったり・・・
 
でも、かける言葉が見つからない。
「大丈夫だよ」とも言えないし、「頑張れ」なんて既に十分頑張ってきたアシュラには一番かけたくない言葉。ただ抱きしめて私の心音を聞かせてあげるのが精一杯でした。。。

 
 

ワンちゃんを見送った経験のある飼い主さん達から、「食べなくなったら、早いよ・・・」と聞いていたので、『今週末ぐらいかな。。。』とある程度覚悟はしていたのですが・・・・

まさかその日の内にとは・・・・・・

 

夕方4時半ごろ、息が荒いながらも呼吸のレベルが落ちてきているような気がしたので、サークルに入れていたアシュラを抱き上げて、そのままソファーに座ってテレビのニュースを見ていたら、次第にだんだんと呼吸数と心音が。。。

 
 

何度か手足が「ククッ」と硬直しては脱力するのを繰り返したあと、私の腕の中で息を引き取りました。

(その瞬間、それとわかる動作があったので、とっさにテレビの時計をみたら、「17:19」でした。。。。)

 
 
 

今思うと、私に抱っこしてもらうのを待っていたようにも思います。

 

だって、私が常々思っていた事だから。
最期は私の腕に抱っこしたまま、逝かせてやりたいと。。。。。

 
 

アシュラはそれを、わかっていてくれていたんだと思います。

吠えていたのも、私を呼んでいたのかも知れませんね・・・・

 
 

アシュラの最期にたくさんの方がお別れに来てくださったり、お花もたくさん頂きました。

棺にも頂いたお花をたくさん入れたのですが、その後にも次々と届き・・・・

 
 

小さくなってしまうとさすがに空しさが募りますが、お花の華やかさでそれも少しは和らいでいます。

Masura_0376_2

Asura_0316

アシュラは本当に幸せなコです。

皆様のお気持ち、本当に感謝しています。
ありがとうございます。。。。

 
 

亡くなる4日前、アシュラもバギーにのせて広場まで連れていきました。
ずっと寝てましたけどね。

Maioka_0024

Maioka_0022_2

これが最期のお散歩となりました。。。

   
    
どんなに感謝しても感謝しきれないぐらい、アシュラは私にたくさんの事を授けてくれたし、私のために本当に最期の最期まで、懸命に頑張ってくれました。

 

特に人生後半のアシュラは体の自由も効かず、目も見えず・・・・
アシュラを連れていると、周囲から怪訝そうにジロジロ見られたりして嫌な思いをする事も多々ありました。
でも一方で励ましてくれたり、そっと気遣って下さる方達もたくさん。
また、アシュラの頑張っている姿に励まされる、頑張ろうという気持ちになれると言って下さる人達も。。。。そういう時こそ、アシュラが頑張って生きている事の意味みたいなものが感じられたりして、普通に元気だったら気付けなかった事もたくさんあっただろうな。。。。なんて、思ったりしています。

 

アシュラを飼ってから我が家の生活は一変し、価値観すら変わりました。
アシュラのおかげでたくさんの人達・犬達に出会え、色々な所に行き、色々な経験をし、たくさんの事を学び、たくさんの感動や、悲しみもあったけど、それもまた大切な財産です。
  

そして何より、最期まで生きる事を純粋にあきらめなかったアシュラの姿は、決して忘れられないでしょう。

 

生きる、とは何か。生命、とは何か。
アシュラは身をもって教えてくれたと思います。。。。
  

友人が教えてくれました。
悲しみは、忘れないための悲しみだと・・・・・

 
  
  

アシュラ、お疲れ様。

やっと走れるね。
アシュラは気が強いから、向こうのみんなに嫌われないようにね(笑)



ありがとう。。。。。

Sfurano_0300_2



---

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

あなたを犬に例えたら?

  
  

Facebookでまわってきたネタで、面白そうだったのでやってみました。

  
 

「あなたを犬に例えたら?」

 

11コの質問に答えて・・・・・

 

出た結果がこちら。

 
 

If_am_i_a_dog

 
 

マスチフ?!?!wobbly

  
 
 

ビミョ~~~~sweat01

 
 

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

コリー種のフィラリア薬

  
 

昨日はアシュカルを連れて病院へ。

 

Eimg_4301

 

アシュラは診察&いつものお薬をもらいに。
プラス、フィラリアの血液検査と予防薬も。
(今年もこの季節がやってきましたからねぇ~)

それとアシュラは最近ウ〇チをする時、産みの苦しみが。。。。
時間もかかるし、その間ずっと苦しそうな感じ。
ついでに相談してみたら、サイリウムのサプリを試してみては?
との事で、獣医さんからサンプルを頂きました。

早速フードにかけてみたのですが・・・・・

このサイリウムとやら。
粉末昆布みたいな感じで、唾液が付くとねっとりネバネバに。

指定量を与えるとフード同士をくっつけてしまうので、舌に少し麻痺が残っているアシュラにとってはかなり食べ難い状態になってしまうのですshock

フードに混ぜるのはとりあえずNG。
別の方法を模索中でございます・・・・ 


 

一方、カルラは今年のワクチンがまだだったので、とりあえず混合ワクチンを。
プラス、フィラリアの血液検査と予防薬もね。

久々の病院だったので、行く前はお出かけできると勘違いしてテンション上げ上げupup

病院に着いても状況を把握できていないらしく、上げ上げ継続upsweat01

 

診察台に乗る段になってようやく、頭の中にもや~んとイヤな記憶がよみがえってきたらしく・・・
「アップ」のコマンドで診察台に乗るように指示を出したら、めずらしく拒否りました(笑)

それでも3回目で渋々乗るあたりは、やっぱりカルラですがww

 

採血も注射も全く無反応。
(今まで針を刺して痛がったコトが一度も無い)

でもなぜだか肛門腺絞りはかなり嫌がってました。

(カルラって苦痛のツボがよくわからん。coldsweats01) 

 

で、問題がフィラリアのお薬。
去年まではモキシデックだったのですが、今は取り扱いが無いとのことでパナメクチンを処方されたのですが・・・・

調べたら、これってコリー種は避けた方がいいって言われている、イベルメクチン系のだし・・・・sweat02
 

イベルメクチンって脳に作用するらしいので、てんかん持ちのアシュラだって正直避けたいんですけど・・・・・

 

近所に新しい動物病院ができたので、ここでモキシデックを処方してもらえるか聞いてみようかな。。。。。

  

【6/12追記】
モキシデック、メーカー欠品とかであちこちの病院で在庫切れみたいですね・・・
次回出荷予定は2015年秋とか?

うぅ。。。ど~よぉ。。。

とりえあず去年のがアシュカルそれぞれ1回分残ってるので、まずはそれを与えておいて様子見ですな。

(何で残ってるのかって、突っ込みはナシで・・・・sweat01血液検査も陰性だったし・・・・coldsweats01

  

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

ネット環境

  
 

先日、我が家のネット環境が変わりました。

 

今まではN〇Tのフレッツ光だったのですが・・・・
我がマンション、機械室までは光(約100MB)で来るのですが、各住戸ではVDSL(約50MB)になってしまうというシステム。

 

それとは別に地元のケーブルテレビが元々入っていたんですが、これが2年ぐらい前にjco〇傘下となりました。
そのおかげで、ケーブルテレビ経由なら各住戸まで100MBが確保される事に。

経費はほぼ変わらずで速度が2倍になる、ってことでjco〇に切り替えたのであります。

 

今やテレビでアンドロイドできちゃう時代なんですね~wobbly
テレビがパソコンのモニターみたいな感覚です。

Img_4245

ただ、文字入力がめっちゃウザい・・・・・・sweat02
(テレビ用のキーボードとマウスが欲しくなりますcoldsweats01

 
 

視聴チャンネルも増えました。

Img_4247


 

LGのタブレットもタダでついてきた!
Img_4248

このタブレットで録画予約&録画番組の視聴もできちゃいます。

 

今は目新しくてあれやこれや試すのが楽しいですが、そのうち使うツールも限られてきて飽きちゃうような予感も。。。。

 
 

ま、とりあえずテレビでYouTubeを観てみることに。

 
 
 

やっぱここはフィギュアのお気に入りプログラムでしょheart04

 

Img_4266

まずは真央ちゃん♪

近々ではソチのフリーの記憶がまだまだ鮮明ですが、個人的に忘れられない演技があるんですよね。

それは2011年の全日本選手権。
この試合は真央ちゃんのお母様が亡くなった直後で。。。。
お母様の亡き後、沈黙を貫いていた真央ちゃん。
この試合も、もしかしたら欠場か?なんて噂も出ていたほどでした。

そんな周りの心配をよそに、黙々と滑り切ったんですよね。 
彼女のアスリート魂が半端ない事を実感した演技でした。

 

*YouTubeのリンク*

浅田真央 2011全日本選手権 SP(ショートプログラム):シェヘラザード
(この衣装、大好きだったんですけどね。ジャンプが跳び難いとかですぐに変わっちゃったんですよね。。。)

浅田真央 2011全日本選手権 FS(フリースケーティング):愛の夢
(決してクリーンな演技では無いのですが、最後の柔らかい表情が何とも・・・)

※冒頭にCMが入るかもですが、少し待つと始まります。

 
ソチのフリーも貼っておきましょうね。 
せっかくなので、海外の解説のものを・・・・
 
浅田真央 2014ソチオリンピック FS:ラフマニノフビアノ協奏曲第2番(米NBC解説・日本語訳)
(画質が荒く、縦横比がががぁ~ですが、解説が素晴らしいです。日本でもこんな解説をしてくれたらいいのに。。。。真央ちゃんが世界中から愛されるスケーターである事も伝わってくるかと思います)

  
 

それから羽生君。
やっぱり2012年フランスのニースで行われた世界選手権のフリー「ロミオとジュリエット」かな。

Img_4279

は? ナンそれ?? って思う方も多いかと。

恐らくフィギュアファンで無ければ、ソチの金メダルで羽生君の事を初めて知った人の方が多いでしょうね。

ソチで金メダルをとった時の「パリの散歩道」は誰もが知るところだと思いますが、羽生ファンのみならず、フィギュアファンのほとんどが羽生君の名演技と言ったら、ニースのロミジュリをあげるのではないでしょうか・・・・

 

私もはっきりと羽生選手の事を認識したのはこの試合から。
  
なぜかって、

「この子、このまま氷の上で死んじゃうんじゃない?!」

って思う程、強烈な印象だったから。
(つい最近もそれに近いコトが上海でありましたけどね・・・sweat01) 
  

なんで死んじゃうと思ったのかと言うと、、、

喘息持ちの羽生選手、演技の途中から唇が真っ青になります。
演技が終わった後も呼吸がかなり苦しそうな感じ。チアノーゼ状態なんじゃ?って思うほどsweat02
 
私の姪っ子も喘息持ちで小さい時によく発作を起こしていたので、ちょっと過敏に反応したのかも知れませんが…とにかく強烈だったのです。
  

まぁ私の印象はちょっと世間からズレてますがcoldsweats01、一般的にこの演技が伝説と言われる理由は別にあります。
  

演技中盤、ジャンプでも何でもないところで、羽生選手はいきなり転びます。
ところがこのコケた後からの気迫が凄まじく、観客の声援もスゴイ事になっていきます。
大会が行われているのはフランス。
しかも羽生君ははまだ無名の選手。
異国の地で驚異的な応援を受けて、マクリにマクって初出場で銅メダルをとった・・・というドラマチックな試合ってワケです。
  

*YouTubeのリンク*

羽生結弦 2012年世界選手権 FS:ロミオとジュリエット

(海外の解説ですが日本語訳がついています。字幕をONにすると日本語訳が表示されます。冒頭にCMが入るかもですが、少し待つと始まります。)

実はこの時ヒドイ捻挫をしていたらしく、コケたのはそれも原因だったとか。
それとこれは羽生選手が震災で避難所生活を経験し、練習拠点も失った中で作り上げたプログラムでもあります。

不屈の羽生選手はココから始まっていたのかも。。。。


  
  
 

そして。。。。

 

一番イイところでフレームインしてくるヤツ。(笑)

Eimg_4253

ボーダーコリーと言えば真央ちゃんや羽生君に負けず劣らずアスリートドッグ代表のような犬種ですが、残念なこのコにはアスリート魂のカケラも無いようです・・・・coldsweats01  

  

---

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

とりあえず・・・

  
 

日曜の朝に右前脚をビッコを引いていたカルラ。

 

翌日にはもう普通に歩いていたのですが、しばらく様子を見て徐々に運動開始してみました。

 

40分ぐらいの軽い歩き散歩の後も問題ナシ。

今朝は20分のチャリ引き散歩もしてみましたが、それも問題ナシ。

 

結局何が原因だったんだか・・・・

 
 

とりま、今のところ脚の方は大丈夫そうです。

 
 
 

今週末はDDJの大会のお手伝い。

久々にカルラもパパとエントリーしておいたのですが、この調子なら大丈夫かな?

 
  
  

そろそろ走らせないと、さすがのカルラでも荒れそうだよね。。。。

 

Img_4297

「キウイパック、荒れたお肌に効きますよ」

 
 

coldsweats01

 
 
 

 
 

--- 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

あれれ?

  
 

日曜の早朝、パパと公園で遊んできたカルラ。。。。

 

ご飯を食べて、いつもの様にひと眠りした後。。。。。。

 
  
  
 

あれれ???

 
 

ビッコひいてる!!!shock

 
 

右前脚sweat02

 

 

パパに、「公園で遊んでる時に何かあった??」と聞いても、「別に。何にもないよ。」と言う。。。

(ホントか? パパの「別に」、は大概アヤシイ。。。。)

 

パッドにも異常は無いし、関節を曲げたり伸ばしたりしても嫌がる様子も、熱をもってる感じもナシ・・・・ 

今日の様子で病院に連れていくか決めようと思っていたのですが、もうビッコにはなってないのでチョット捻った程度かな?


 

とりあえずただいま、お散歩は休止中。
(カルラはおウチでトイレができるので、トイレ散歩に出る必要は無いし)

 

まぁ本犬、元気食欲はあるので、すでにかなり持て余し気味ですが・・・coldsweats01

 

Eimg_4291


明日は軽~~い歩き散歩で状態を確認してみましょーか。。。

  
  
  
 
 

---





| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »