« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月29日 (火)

大切なこと

  
 

少し間が空いてしまいました。

 

北海道帰省記事の途中ではありますが、犬話をちょこっと挟みます。

 
 

もう何か月も前の話になるんですが・・・・

 
 

近所の広場でよく会う小型犬とその飼い主さん。

ボール遊びが大好きなワンちゃんで、勢いよく追いかけてボールを咥えます。
ですがその後、若干戻りかけるものの、飼い主さんの所までは戻って来ない。

 

犬とのボール遊びあるある、ですよねww

 

「この子ダメなのよ~~全然持って来なくて」

先代のワンちゃんは、ちゃんと手元に持って帰ってきたらしい。
恐らく、教えなくてもたまたま手元に持って帰って来ちゃって、それが上手いこと定着しちゃったのかな~なんて察しつつ。

教えなくてもできちゃうコって時々いますが、ほとんどの犬はちゃんと教えてあげないとボールやオモチャを持ち逃げしますよね。本能的に。

たまたまできちゃった場合でも、犬がその遊びの主導権を握ったままだと、犬が嫌になったらやらなくなるし、犬が自分の判断でボールやおもちゃを途中で置いてきちゃったりとか。。。

 

で、話は戻りますが、、、、

その横で遊んでいた私とカルラを眺めていた飼い主さん。

私の手元までオモチャやボールを持ってくるカルラを見て、自分の子にもそうさせたいと思ったのでしょう。

 

ちょっと強引なやり方でボールを取り返そうとしたら、そのワンちゃん、唸って飼い主さんの手を軽く噛んだようで・・・・

 

まぁこれも間違ったやり方としてよくあるパターンの感じだったですが・・・・・・

 

その飼い主さんは私よりも年上の方だし、それまで何度かそんな事があったのですが、黙って見てたんですよね。

でもその日は、その飼い主さんがとても悲しそうなというか、何とも言えない表情をされて。。。。

 

やっぱり黙って見てはいられませんでしたsweat01

 
 

そのワンちゃんを少しお借りして、、、、

リードをつけたまま、戻って来る事が正しい事。
ボールを私に渡すのが正しい事。
褒めながら教えてあげたら、あっという間に自分から手元まで持ってきてボールを渡すようになりました。

元々ボール遊びが大好きなコですから、ね。
すぐに手元にボールを持ってきて渡すようになってくれたのは、ボールを大好きにしたその飼い主さんの努力があったから、です。
私はちょっとだけ手を加えたに過ぎません。

今度は飼い主さんにリードコントロールの仕方、コマンドや褒めるタイミングなどを教えて、実際にやってもらいました。

そうしたらそのワンちゃん、ちゃんと戻って来て、飼い主さんの手元でボールを口から出しました。

 
 

その時、飼い主さんの顔にパッと花tulipが咲いたような笑顔が・・・・・happy01

  
  

あぁ、そうだ。
こういうのが一番大切なんだよね・・・・


って改めて・・・・・・・

 
 
 

犬を飼い始めて10年以上経ちますが、

 

いまだに犬達に教えてもらってばかりだなぁ~~


Samukawa_0527




 

 

次回は北海道の事に戻りますsweat02

   
  
  

---

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

サッポロの美味しいラーメン♪

  
 

北海道での楽しみのひとつは・・・・やっぱりグルメ!

北海道はB級グルメというか、1000円前後で食べられるグルメのレベルが他の地域に比べて高いな~という印象があります。

首都圏とかだと、正直「この味で、よくこの値段とれるな・・・」って思うお店、ありますもん。
地価や人件費が高いから仕方が無い部分もあるとは思うし、それでもお客さんが入るから続いているんでしょうけどね。。。。



 

まずは、札幌と言えばラーメン!
今回も滞在中に数軒まわってみたので、その中からお気に入りをピックアップします。

麺eiji 平岸ベース

姉家族のおすすめで、一緒に行ってきました。
今、サッポロラーメンはこの界隈が結構賑わっているらしいですよ~~

この店は魚介トンコツ系が人気みたいですが、普通の味噌(eiji Style)・あっさり醤油・あっさり塩などもあります。
あと、ラーメン屋らしからぬ期間限定メニューがちょっと面白そうです・・・・

お昼時でしたが、数家族待っている程度。そんなに待たずに座れました。
先に食券を買うタイプで、待っている間に店員さんが回収するので席に着いたら割とすぐラーメンが出てきましたよ。

私は「魚介豚骨醤油ラーメン」を注文。

Ddj_0780

ダシのジュレがのってます。
魚介豚骨なので結構コッテリかな?と予想してましたが、思ったよりアッサリ。
「これは魚介だね!」ってハッキリわかる味ですが、嫌な感じはしないというか、私は結構好きかも~~

 
 

甥っ子はつけ麺を。
(やっぱ若い子はまず、つけ麺なんですね~)

Ddj_0782

「美味しかった?」って聞いたら、口数の少ない甥っ子が「うん。結構。」って言ってました。
地元の高校生が認めたんだから、美味しいんだと思います。きっと(笑)

 
 
  
 

彩未

やっぱね~~
札幌に来たら、ここはとりあえず抑えとかないとね~~

2年ぶりに来たら、移転してましたwobbly
(そんなに離れてないケドね)

そして・・・開店10分後で、この行列shock

11896085_601249470015153_3188477617


大きな旅行カバンを転がしてる人も結構いましたね~
「彩未は美味しいけど、待つから・・・」と、地元の人は敬遠がちみたいですが、札幌に観光や仕事で来た人が、わざわざここまで来ています。それでこの行列sweat02
タクシーで来てる人もいましたから。。。

あとはウチみたいに帰省で家族が久しぶりに帰って来ると、「旨いラーメンでも食わせてやるか」と、家族みんなで来たり・・・・夏休みはそんな客層ですね。

お昼はずっとこんな感じで行列できてますが、夕方は信じられないぐらい空いているそうですよ~~

 

彩味では、やっぱり味噌を頼んじゃう。
Img_4499

ここのメニューはシンプル。
基本、「味噌・醤油・塩」の3種類しかありません。
チャーシュー麺とかもメニューにはあるのですが、お客さんが多い時はチャーシュー麺は注文できませんcoldsweats01(チャーシューが無くなっちゃうってコトかな?)

彩未は正統派のサッポロラーメンっって感じかな。
色も飾りもつけず、実力だけで真向勝負・・・・・私の中ではそんなイメージです。

店は変わってたけど、味は変わらず。美味しゅうございましたgood
やっぱりキングですcrown


 

*******

 

実家でのカルラの様子をちょろっと。

Ddj_0345

誰かが来た気配がすると、出窓から来客チェック。

ただ全然吠えないので、外から見ると近くまで来て突然ガラスの向こうに白黒の動物の顔が浮き上がって見える感じみたいで・・・・

知らずに近づくと、かなりビックリするみたいです(笑)

 

Ddj_0563

完全にくつろいでますcoldsweats01
(横浜にいる時よりも、リラックスしてるかも・・・・sweat02

北海道の実家はもう何度も来ていて、トイレも子犬の時に一度教えただけですが、それ以降一度も失敗した事はありません。悪戯や盗み食いも無いですね~~実家でも。
なので1Fから2Fまで、どこでも自由にウロウロしています。

お留守番の時も一番涼しい所を自分で見つけて、そこで寝てるみたい。

どこに行っても素直にあるがままを受け入れる、というか、すぐに新しい環境に適応して穏やかでいられる。
本当に手が掛からなくて、我が家にはピッタリのコですheart04

  

母も、「こういう犬なら、大きくても全然気にならないわね。」ってよく言ってます。

 

まぁ。。。。少々ドン臭いとか、運動神経がイマイチだとかは。。。
ウチの場合は問題じゃないんで・・・・・
飼い主がそもそもこんなですから・・・・・・coldsweats01

   
  

実家の庭の花々。今年もキレイに咲いてましたshine

Ddj_0189

Ddj_0201

Ddj_0209

Ddj_0263

  
  
  

出窓では胡蝶蘭もタワワ。。。

Ddj_0303

Ddj_0321_2


母曰く、蘭がたくさん咲く年はイイ事があるそうな♪
 

 

 

北海道帰省記、もうちょっと続きます。。。。

 

---



 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

京極の湧水&皇室御用達の馬具

 
 

北海道帰省記pencilの続きです。

   
  

青森をフェリーで出発して、函館に到着したのが深夜。

  

函館新道(無料)→道央自動車道と少し車を走らせ、お決まり八雲PAで仮眠をとる事に。

   

函館から実家に向かう途中、必ず立ち寄るのがこの八雲PA。
以前も記事にしましたが、ココ、ちょっとスゴイんです。

PA施設が噴火湾パノラマパークっちゅう大きな公園とつながっていて・・・・・原っぱの広さが半端ない!(ディスクゴルフもできるよ♪)

   
 

これでも、ほんの一部デス↓
Img_4447

「カルラを探せ!」
   
※拡大しないで見つけられたら、視力2.0。(ウソですsweat01

 

今までなら仮眠もあまり取らずにパーッと高速をすっ飛ばして真っ直ぐ実家に向かって、実家でバタンQ。。。sleepyのパターンでした。

でも今回は車も車中泊しやすくなったし、涼しいしィ~~
結構ぐっすり眠れたので(私はね…coldsweats01)、豊浦で高速を下りてあちこち寄り道するコトにしました♪
  
 

まずは、羊蹄山のふもとにある『京極町のふきだし公園』。
北海道屈指の名水を求めて早朝からたくさんの人が来てました。

Ddj_0104

Ddj_0066

  
羊蹄山は『エゾ富士』と言われるほどキレイな円錐形の名山なのですが、今回は残念ながら朝靄に隠れて見えず。。。。weep

 
 
続いて、喜茂別町の「郷の駅 ホットきもべつ」で新鮮な地元野菜を母へのお土産にGET。

羊蹄山麓はジャガイモで有名な真狩村をはじめ、北海道を代表する農業地帯。
ここの道の駅の直売所は野菜だけでなく調味料なども地元でしか手に入らないようなモノがあったりします。種類も豊富だし、寄りやすい場所にあるのでおススメですよwink
  
  
  
その後、中山峠を通って札幌市内へ。。。
中山峠の名物と言えばやっぱり『揚げイモ』!

Ddj_0124

Ddj_0129

何だかちょっと小さくなったような?
あと昔はもっと塩味が効いてたような・・・・・と思ったら、今どきはマヨ・ケチャップ・明太マヨ・ソース・チョコレートソース(?!)などなど、自分でいろいろトッピングして食べるのが主流なのね。。。。coldsweats01(ちなみに私が最後に食べたのは約20年前ですけど。。。。何か?笑)

まぁ、そのままでも十分美味しいですヨgood


  

昼前に実家に到着house

お昼は家庭菜園で採れた野菜をいっぱい使った母の手料理をいただいて、速攻お昼寝~~(自分の実家だからいいんだも~~んsmile

 
 

美味しいものrestaurantも睡眠sleepyもたっぷりとれたので、翌日は元気復活dash
(ってか、函館から私は全然運転してないので、そもそもそんなに疲れてないんだケドねcoldsweats01

パパが行ってみたい所があるっていうので、母も連れて砂川までドライブ~rvcar 

お目当ての場所は、ココ。

Ddj_0164

ソメスサドル』っていう馬具会社のショールームです。
砂川SAのスマートETCで下りるとスグ。

何でも皇室御用達らしい。私はぜんっぜん知らなかったけど。。。

Ddj_0166

こんなのも展示してありました。

 
敷地も広いし建物も立派ですが、一般人が見られるのはショップぐらいかな。
皮製品の質は確かに高そう。
そして、dollarお値段も・・・・shock
 
まぁ。。。わかりやすく言うと、日本版エルメスみたいな?

貧乏人には縁の無いシロモノばかりですが、目の保養にはなるかもね~(笑)
  
  
  

雨竜町の道の駅に寄ってみたら、暑寒別メロンをギリギリGETできました。
 

Ddj_0179

 

残り2箱で、『今年はこれで終わりです』って!
ホントにギリでした~~

北海道のメロンと言えば、赤肉の夕張メロンが有名ですが、この暑寒別メロンもなかなかなんですよ。

甘みが強いのに、熟しても夕張メロンみたいに身がグチャッとはならないので御使い物としても重宝なのです。 
青肉なのでマスクメロンとかに近い感じかな?

1箱を九州のダンナの実家に送って、もう1箱はお持ち帰りしましたsmile

 

 

皆さん、ここらで多分・・・・
   
 
『喰いモンばっかじゃん! カルラのネタは?!』
  
  
と、思われているかとsweat02
 
   
 
このブログの長年の読者さん達はご存じかと思いますが・・・・

 

北海道帰省に関しては、毎度ほぼ「グルメブログ」と化すのが通例で。。。。coldsweats01
 
その私の北海道グルメ愛に溢れた記事達には、これまでも『食○ログ』さんや『ぐ○なび』さんから掲載のオファーが何度かあったぐらいです。
 
(ホントですよ!!)

 
  
こんな感じでもうちょっとダラダラと続きますので、、、、あしからずsweat01
 
あ、カルラネタもちゃんと時々は挟むように努力します。。。。(笑) 

 

つづく。

 

---

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

2年ぶりに北海道へ ~ 犬とフェリー

  
 

我が家の夏休みは・・・・・安定の北海道帰省coldsweats01

それでも去年は帰らなかったので2年ぶりです。 

  
 

でもって、アシュラのいない初めての帰省でもあるわけで。。。。

やっぱり何だかちょっと変な感じでした。 
車に荷物を積んでも、アシュラのサークルが無い分なんだかガラ~~ンempty

道中のSA・PAでの休憩も今までより短い時間で済んじゃうしね。
アシュラがいた時はオムツ替えがあったり、介助しながら水分を与えたりで、休憩の度に何かと時間と手間が掛かってたんだけど。。。。

カルラは外に出せば3秒でトイレが済んじゃうし、水も放っておけば勝手に飲んでくれる。
カルラは手のかからない、イイコだぁ~~~heart04
(いや、それが普通なんですけどね・・・・6年も介護が必要な犬がいると・・・・・ねsweat01

  
  

楽とも言えるし、寂しいとも言える。。。。

フクザツsweat02

 
 

ま、そんな感じで若干の渋滞にハマりつつも、思ったより順調に青森フェリーターミナルに到着。

Ddj_0002

今回もフェリー区間は青森→函館。
津軽海峡フェリーを利用しました。

Ddj_0042

車無しの乗船は、ターミナルからタラップが出て建物から直接乗船できます。
雨に濡れる心配もナシ。
なんだか飛行機みたいですね~

 

  
今回少し、青森→函館間のフェリーについて説明を・・・
(以前の記事と被る部分もあるかとは思いますがかなり前ですし、よく聞かれるのでもう一度。)
  

我が家ではここ数年、北海道へ帰省する時にはいつも津軽海峡フェリーを使っています。

津軽海峡フェリーの前身は東日本フェリーです。
我が家が北海道に車で帰省するようになったのが10年ほど前。その頃はまだ東日本フェリーでした。5年くらい前に、「青森⇔函館」と「大間⇔函館」の航路が独立して津軽海峡フェリーに。
津軽海峡フェリーになってから、インターネット予約もし易くなったし、ドッグルームなどがある新しい船舶(ブルードルフィン・ブルーマーメイド)も増えて、急に垢抜けた感じになりましたね~~

やっぱり新しい船の方が気持ちがいいので、我が家はブルードルフィンかブルーマーメイドのどちらかを予約します。
でもカルラは車内残留ですけどね。ドッグルームもありますが、車からドッグルームまでは犬はケージなどに入れて運ばなければいけません。歩かせるのはもちろん、抱っこや抱っこ紐でもダメng
それにドッグルームに置けるケージの大きさは幅44cm×奥行61cm×高さ51cmまで。カルラがいつも使っているケージよりも若干小さめ・・・・ちょっと狭めだけど、入れなくもない大きさかな。
  
ただ14kgのカルラをケージに入れて運ぶのはかなり大変sweat01
それに慣れてる車の中の方がカルラも落ち着けるかな?とも思うし。

万が一の時や安全上の事を考えると、船室に置いた方が安心ではありますが・・・
(つい先だってもフェリー火災がありましたからね。)
 
   
ちなみに航行中、基本的に車には戻れません。
函館⇔青森間の航行時間は3時間40分ですので、出港前にトイレを済ませておけば、これぐらいの時間だったらまぁ・・・・って感じです。


flair大型犬などで車に置いておくのは心配・・・という方には朗報かな?
最近就航したブルーマーメイドにはプライベートドッグルームという新しい船室があります。
要は、犬と一緒に過ごせる個室です。お高い(別途12,340円プラスcoldsweats02)ですが、『
幅52㎝×奥行80㎝×高さ60㎝のケージまたは犬用カートに入り、体重30㎏までの犬』であれば、この船はエレベーターがあるので車から船室までは大型犬用カートに載せて運べる、らしいです。ウチは利用した事無いですが・・・sweat01
 
 

津軽海峡フェリーのわんこ対応施設については、こちらに詳しく載ってます。


 

それから・・・・
犬を連れて乗船する場合は、ターミナルの建物内にある窓口で乗船手続きをします。
 
通常はスマートチェックインと言って、屋外の専用のゲートでQRコードをかざせば車から降りずに手続きが済んでしまうという、イマドキな手続きでいいのですが・・・・

犬を車に残す場合、またはドッグルームなどを利用する場合は、その『
イマドキ』のは使えませんsad

犬連れの場合には、まず窓口でその旨を係の人に伝えて下さい。
そうすると「ペット乗船車」とデッカク書かれたA4の紙を渡されます。
乗船手続きが完了したら、その紙をダッシュボードの上に見えるように置いて乗船口に車を移動させます。
お盆休み期間などの繁忙期には、乗り場には誘導係員が何人かいるので
「ペット乗船車」の紙がある車は一般の乗用車とは別のレーンに並ぶように誘導してくれます。(逆に閑散期などは係員が一人ぐらいしかいなかったりするので、自ら「犬がいるんですけど、ココでいいですか?」など自己申告しないと気付いてもらえなかったりする事もあります。犬連れ旅は、自主性が大切ですww)

「ペット乗船車」は乗用車が通常積まれる船底ではなく、割と換気が効く上層の駐車スペースに誘導されます。

割と換気が効く…』と書いたのは。。。。。船底よりはマシ、という程度だからdespair
やはり繁忙期などは満車状態になりますし、特に気を付けて頂きたいのが・・・・競走馬のトラック。
競走馬を輸送するトラックも函館⇔青森間のフェリーをよく利用しています。
このトラック、何と航行中ずっとエンジンかけっぱです!shock
そりゃあまぁ、年間ウン千万円(そんなもんじゃない?)の費用をかけ、億単位のお金を動かすお馬様ですもんね。
元手、数万円~高くても100万円程度のペットとは格が違うんでしょうが。。。。
  

係員さんは「サイドブレーキを引いて、エンジンを切って下さいね~」って言ってますケドね~shock

  

で、車の中でお留守番する愛するワンコのために、換気できるように窓をすこし開けておく。。。なんて事を我々飼い主はするわけですよね。普通。

でもこの競走馬のトラックの近くとか真後ろに、自分の車が配置された場合・・・・・

窓なんか開けたら、換気どころか一酸化炭素中毒になっちゃうじゃん!
(そこまではいかないとは思うケド。。。sweat01

 

なので運悪くそんな場所になってしまった日にゃぁ、窓なんか開けられない~ng

 

そうは言っても、夏場なんかは船内と言えど結構暑い時もあります。締め切ってちゃ、ワンコが熱中症になっちゃうかも・・・・
少しでも涼しいように我が家はいつも夜の便に乗るようにしてるのですが、それでも猛暑厳しい時は夜でも暑い・・・sweat02
   
そんな時は・・・・・
ナイショの手があります。
ここには書きませんが・・・・・・・
(まぁ、だいたい想像はつくかと・・・・・・・・)

 

 

本州から北海道へのフェリー手段は、「青森⇔函館」以外にも『仙台⇔苫小牧』、『大洗⇔苫小牧』、『新潟⇔小樽』などがありますね。

『仙台⇔苫小牧』を利用する犬連れ旅行者も多いですよね。
ただこの区間ですら、仙台を19:40に出て、苫小牧に着くのが翌日の朝11:00。
一日一便で15時間以上かかるわけです。(船の移動って結構時間がかかるんですね~)
人間は楽ですけど、、、、

この航路にもドッグルーム的な船室はあるようですが、やはり中・小型犬サイズのみ。
 
カルラはいつでもどこでもトイレシーツで用を足せるので、絶対無い選択肢ではありませんが・・・・・
そもそも人間の都合やワガママに犬を付き合わせている訳で。
出来るだけ犬に負担やストレスの少ない旅程で・・・・が我が家の基本。
となると、やはり青森⇔函館の選択になるんですよね。
  
『大洗⇔苫小牧』&『新潟⇔小樽』は、よっぽどでも無い限りあり得ないかな。。。

         
  
    
   
   

と、よく聞かれることをザックリまとめてみました。

次回以降は北海道での滞在記pencilを。
しばらく北海道ネタ続きますが・・・・よろしければお付き合い下さい♪

 
 
  

---

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »