アシュラ

2016年6月18日 (土)

1年

 
 

今日はアシュラの一周忌。

 

もう1年。やっと1年。

思いはフクザツ・・・・

 
 

アシュラが大好きだったプリンをお供え。

 
 

Img_4916

Img_4917

 
 
 
  
 

朝から真夏のような暑さだった横浜。

今年初めての水遊びに行ってきました♪

 

見てるだけで涼しくなりそうなショットcameraをどうぞ♡

Tanzawa_0388

Tanzawa_0302

Tanzawa_0133

Tanzawa_0633

 
 
 
  
 

帰りに厚木の「麺や食堂」へ。

魚介と鶏ベースのさっぱりスープ。
さっぱりしてるんだけど、ダシの味はしっかり。

私は醤油味の「味玉そば」。

Simg_4913

 
 
 

パパは塩味の「味玉しおそば+唐揚げライス」。

Simg_4914

 

醤油も塩も個性的な味ですが、とっても美味しかったです♡
唐揚げもウマウマ。甘じょっぱいタレがいいお味good

 
 
 

今年はあと何回水遊びできるかな~♪

 
 
 
 






  
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

初夢・・・じゃないけど

 
 

一富士、二鷹、三茄子。

初夢に見ると縁起がいいとか言われますが・・・・

  
 

正月明けに風邪をこじらせてしまい、この連休ダウンしてしまったワタクシ。
風邪で熱だして寝込むなんてホント久々~~

気をつけていたつもりだったんですが。。。。

年末からお正月にかけての諸々がすんで、ホッとして気が抜けちゃったのかな~

 
 

でもね、ちょっといい事があったんですよ。

 

熱出して寝てる間に見た夢で。。。。アシュラが出てきたんです!!

 
 

初夢で会えたらいいな~なんて思っていたのですが、残念ながら初夢では会えず。。。

 
 

でもちょっと遅れたケド、ちゃんと出てきてくれました。

 
 

で、どんな夢だったのかというと。。。

 

アシュラは晩年のアシュラ。

どこかの観光地みたいなところに来ていて、私はアシュラを抱っこしてぷらぷら。

トイレに行きたくなったので、アシュラをパパに預けようと思ってパパとカルラを探すんだけど、見当たらない。

誰かに「向こうにいたよ~~」と言われて別の場所に行くんだけど、そこに着くと今度は元いた場所に向かってたよ~と言われてまた戻るという。。。

とある場所と別の場所を、アシュラを抱っこしながら行ったり来たりする、という感じの夢でした。

なんかこう、もうちょっと・・・・例えばアシュラが元気に走ってるとか、そういうのを期待してたんだけど(笑)

 

まぁでも、私に抱かれながら大人しくしていたアシュラの感触は、いまだに覚えているあのフワフワの毛のあの感触でした。
 
夢の中だったけど、しっかり感じられましたよ♡


Img_0242

『もぉ~~しょーがないなぁ~~』

 
 
 
 

って言いながら出てきてくれたのかも知れませんねsweat02 

 
  
 
 

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

四十九日

  
 

早いもので・・・・

アシュラが亡くなってから、四十九日が経ちました。

 
 

『向こうの仲間達と走り回ってるかな?』

『みんなとちゃんと仲良くやってるかな?coldsweats01


 

思いは尽きません。。。。

 


この7週間はアシュラの存在って私にとって本当に大きかったんだなぁ。。。と、しみじみ思う時間でもありました。

 

アシュラが亡くなって最初の1週間は、もうお薬をあげる必要はないのに、「あ!お薬あげるの忘れた!!」という夢を毎日見てたんですよsweat02
徐々にそれは無くなりましたけどね。
(投薬が毎日だったり一日置きだったり・・・はたまた1錠になったり0.5錠になったり・・・・とにかくこの10年、毎日お薬の事を気にして過ごしてきたので。。。。)

 

でも買い物などに出たりした時には、「1回家に帰らなきゃ」という思考が先に来るのは未だに抜けません・・・・
(アシュラは置いてある水を自分で飲んだりすることが出来なかったので、朝・昼・晩の1日3回に分けて人間が水分を与えていたんです。)
カルラは家でトイレもできるし、もちろん水も自分で飲めるので、カルラだけならマル一日ぐらいのお留守番はどうってコト無いんですけどねsweat02
染みついた習慣は、そうそうに抜けそうにないですsweat01

 

あと最近、妙に老犬が愛おしく見えて・・・・・・・ヤバイです(笑)




 

一方のカルラは、アシュラが亡くなって2週間後ぐらいにようやく『アシュラがいない』という事に気づいたようで・・・・(ホント、こんなところまでドン臭いヤツなのです、、、、gawk

とは言ってもカルラが家に来た時からアシュラはあんな感じだったし、同じ屋根の下で暮らしてはいても、カルラはアシュラに頼らずに別々で過ごしてきたようなものなので、寂しがるとか、見た目別段変化はないのですが・・・・・

ただ以前より若干甘えん坊になったかな?

私やパパにやたら絡みたがるし(笑)、この間も小さい虫が部屋の中に入ってきたので、私が手を叩いて『パンッ!』とつぶしたら、シュシュシュっと寝室の方に逃げて行ったり・・・・wobbly

何が起ころうとも無反応で安定のアシュラ(病気のせいではありますが)は、あれはあれでカルラの精神安定剤的な役割を果たしていたのかなぁ~なんて、思ったりしてます。

まぁカルラのことですから、アシュラがいない生活にも直にスンナリ慣れると思いますけどね。

 



 

Simg_4435

生花とプリザーブドフラワーを頂きましたconfident

 

アシュラの四十九日を覚えていて下さって・・・・本当にありがとうございます。

   
  
  

アシュラが繋げてくれたご縁にあらためて感謝です。

 

---

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

アシュラ、ありがとう。。。

  
 

6月18日 17時19分。

アシュラ、お星さまになりました。

  
  

長年病気と闘ってきたアシュラですが、最期は本当に呆気ないほどアッサリと、駆け足で旅立っていきました。

 

亡くなる数日前からちょっとした変化はありました。
何度立たせてもすぐに右側に倒れてしまうようになって・・・・
5年前の重積発作以来、右回りにしか動けない状態ではありましたが、それがもっと酷くなったような感じです。

『脳の中がさらに異常になっているのかも・・・』

とは感じましたが、病院に駆け込むことはしませんでした。

病気を患いながらも、もう13才。

最初に髄膜脳炎を発症してからは9年超。
これ以上、無理に頑張らせるような事はしたくなったので・・・・
アシュラに、自然に、あるがままに任せようと、、、

 

でも食べる時は体を支えてやればちゃんとお座りしてしっかり食べるし、食欲も全然衰えず、ドッグフードもいつもの量をペロリと完食していました。
排泄も横たわりながらも、一生懸命脚を動かして自分でちゃんとしていました。
亡くなる前の日の晩御飯もしっかり完食だったんです。

急変したのは亡くなる日の朝。
朝ごはんをほとんど食べられませんでした。
フードの匂いや音で、お皿に口は近づけるのですが、口が食べる動きになっていない状態。

脳からの伝達が正常に運動動作につながっていない感じ、とでもいうか・・・

アシュラの大好きなヨーグルト水をシリンジで口の中に入れてやったりもしたのですが、飲み込む動作も、その意思も感じられず、そのまま全部口からこぼれてしまう感じ。

 

「あぁ、ついに来たのかも。。。」

 

直観というか、これまでアシュラは3度死に目に会っているので、その経験からというか。。。。
何となく察するものはありました。 

 

あと亡くなる前日から、めったに吠える事のないアシュラが、やたらと吠えていました。
亡くなった日は特に一度吠えだしたらなかなか止まらない感じにまでなってしまって、開けていた家中の窓を近所迷惑になるので閉めたぐらいです。

ご近所に迷惑がかかるほどアシュラが吠えたのは、後にも先にもこの日だけのこと。

 

その吠え方も無意識に吠えているような感じ。
吠えるというより、何かと戦っているかのような叫びに近い。

そして一日中、とても息づかいが荒かった。

痛みや、苦しみがあったのかも知れません。
それと必死に戦ってたのかも。
 
抱っこしてあげると、少し落ち着く時もあったり・・・
 
でも、かける言葉が見つからない。
「大丈夫だよ」とも言えないし、「頑張れ」なんて既に十分頑張ってきたアシュラには一番かけたくない言葉。ただ抱きしめて私の心音を聞かせてあげるのが精一杯でした。。。

 
 

ワンちゃんを見送った経験のある飼い主さん達から、「食べなくなったら、早いよ・・・」と聞いていたので、『今週末ぐらいかな。。。』とある程度覚悟はしていたのですが・・・・

まさかその日の内にとは・・・・・・

 

夕方4時半ごろ、息が荒いながらも呼吸のレベルが落ちてきているような気がしたので、サークルに入れていたアシュラを抱き上げて、そのままソファーに座ってテレビのニュースを見ていたら、次第にだんだんと呼吸数と心音が。。。

 
 

何度か手足が「ククッ」と硬直しては脱力するのを繰り返したあと、私の腕の中で息を引き取りました。

(その瞬間、それとわかる動作があったので、とっさにテレビの時計をみたら、「17:19」でした。。。。)

 
 
 

今思うと、私に抱っこしてもらうのを待っていたようにも思います。

 

だって、私が常々思っていた事だから。
最期は私の腕に抱っこしたまま、逝かせてやりたいと。。。。。

 
 

アシュラはそれを、わかっていてくれていたんだと思います。

吠えていたのも、私を呼んでいたのかも知れませんね・・・・

 
 

アシュラの最期にたくさんの方がお別れに来てくださったり、お花もたくさん頂きました。

棺にも頂いたお花をたくさん入れたのですが、その後にも次々と届き・・・・

 
 

小さくなってしまうとさすがに空しさが募りますが、お花の華やかさでそれも少しは和らいでいます。

Masura_0376_2

Asura_0316

アシュラは本当に幸せなコです。

皆様のお気持ち、本当に感謝しています。
ありがとうございます。。。。

 
 

亡くなる4日前、アシュラもバギーにのせて広場まで連れていきました。
ずっと寝てましたけどね。

Maioka_0024

Maioka_0022_2

これが最期のお散歩となりました。。。

   
    
どんなに感謝しても感謝しきれないぐらい、アシュラは私にたくさんの事を授けてくれたし、私のために本当に最期の最期まで、懸命に頑張ってくれました。

 

特に人生後半のアシュラは体の自由も効かず、目も見えず・・・・
アシュラを連れていると、周囲から怪訝そうにジロジロ見られたりして嫌な思いをする事も多々ありました。
でも一方で励ましてくれたり、そっと気遣って下さる方達もたくさん。
また、アシュラの頑張っている姿に励まされる、頑張ろうという気持ちになれると言って下さる人達も。。。。そういう時こそ、アシュラが頑張って生きている事の意味みたいなものが感じられたりして、普通に元気だったら気付けなかった事もたくさんあっただろうな。。。。なんて、思ったりしています。

 

アシュラを飼ってから我が家の生活は一変し、価値観すら変わりました。
アシュラのおかげでたくさんの人達・犬達に出会え、色々な所に行き、色々な経験をし、たくさんの事を学び、たくさんの感動や、悲しみもあったけど、それもまた大切な財産です。
  

そして何より、最期まで生きる事を純粋にあきらめなかったアシュラの姿は、決して忘れられないでしょう。

 

生きる、とは何か。生命、とは何か。
アシュラは身をもって教えてくれたと思います。。。。
  

友人が教えてくれました。
悲しみは、忘れないための悲しみだと・・・・・

 
  
  

アシュラ、お疲れ様。

やっと走れるね。
アシュラは気が強いから、向こうのみんなに嫌われないようにね(笑)



ありがとう。。。。。

Sfurano_0300_2



---

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

アシュラ、13才になりました☆

  
 

3月1日。
アシュラ、13才のお誕生日でした~~heart01shinebirthdayshineheart01

Asura_018

 

※ブログのアップが遅くなったのはバースデーを忘れてたせいじゃナイですからsweat01
 ちゃんとタイムリーにお祝いして、FBの方でたくさんお祝いメッセを頂いて・・・
 それでちょっと満足しちゃってましたcoldsweats01
 (一応イイワケ・・・・笑)
  

  

お祝いpresentに、アシュラの大好物のプリンを作ってあげました♪
(ワンコ用なのでお砂糖はかなり控えめでscissors

Asura_007


口先に少し麻痺が残っているアシュラ。
最近スポンジケーキみたいなのはあまり上手に食べられなくなってきちゃったのですが、プリンみたいに舌にくっつくものならOK!

 

5年半前。
瀕死状態だった時に救ってくれたのも、公園のお友達・Mちゃんのパパが持ってきてくれたプリンだったよね・・・ 

 

アシュラと1ヶ月違いで同い年の茶ボーダーMちゃん。目と脚が悪くなって公園にはあまり来なくちゃったみたいだけど、、、
元気にしてるかなぁ。。。


 
  

目は見えなくとも、プリンの匂いはわかる!
冷蔵庫から出した瞬間に深い眠りから覚めるホド!!(笑)

 
  
  

おまちかねの、実食。

Asura_068

父ちゃんの腕を持ってしてもcamera、ブレブレになるぐらいモーレツに食いついてますsweat01coldsweats01sweat02
横でカルラがeyeガン見してるのがわかってるのかもね~~

 
 

これは自分のではなく、姉ちゃんのだと何となく気配で察しているカルラ。

Asura_061

控えめ~~に匂いかいでました(笑)

(もちろんこの後カルラにもお裾分けしてあげましたよ~~wink

 
 
 

ペロリと美味しそうにプリンを平らげたアシュラですが、お誕生日直後からまた発作の頻度がアップbearing

本当は今週診察の予定だったのですが、発作が落ち着かないと診察してもらうのも難しいsweat02
病院に状況を報告して、お薬だけ処方してもらいました。
そして、再びお薬増量。。。。crying

 

それでもこれで発作が落ち着いてくれればいいんだけど。。。。。。 




Yuimaru_0135

まぁ食欲もあるし、まだまだ元気もあるし。

  

きっと、

また、また、また、・・・(もぉ何回目?)

復活するでしょうgood

 
 

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

パワーをもらいに・・・・アシュラ編

  
 

一年ぶりに富士山麓へ。

Fuji_0664

  
 

先日の記事でアシュラの調子がいまいちだったと書きましたが。。。

 

実は昨年末から、てんかん発作の頻度が上がっていたアシュラ。
(元気・食欲はあるんですけどね)

年明け早々にかかりつけの病院へ行って・・・・・薬の量を一時的に増やす事になりましたsweat02

 

今アシュラが服用しているのは、ステロイド(抗炎症剤)とゾニサミド(抗てんかん薬)。
ステロイドの方はもう8年以上。
そのせいかここ数年ALPの数値が高めに推移しているので、これ以上肝臓にはあまり負担をかけたくない。
 
(その前から腎臓の機能も既に弱っているし、コレステロール値も高かったり・・・他にもちょいちょい心配な要素はあるんですけど)


かと言って発作はできるだけ抑えてあげたい。。。。

 

基本アシュラの診察は色々な先生に担当してもらっているのですが、薬の量などは結構私が決めちゃってるような感じ。

どうしたものか・・・・
と、その日の担当だった若い獣医師さんと悩んでいたところに、院長先生がたまたま入ってきました。

もうかれこれ12年、アシュラをずっと診てきている先生なのでちょっと捕まえて相談。

『アシュラの根本的な病気の問題に効くのはステロイド。
抗けいれん薬は対処法でしかない。肝臓の心配もあるけど、てんかんの発作はアシュラ自身もかなりキツイはずだから、そこがまずは大事・・・・』と。

ですよね。
 
これまでのアシュラの経緯を考えてもステロイドの方が体の反応がいいと私も感じているので、納得。
もう8年もこの病気とつきあっていますから。。。


 

とりあえず1週間ステロイドの量を増やしてみて、発作の間隔が空かないようだったらさらに1週間延長。

1週間で発作が落ち着く様だったら、その後は元の量に戻す事になりました。

 

読み通り?
増量1週間で発作がおさまりましたhappy01

 

薬の量も、通常モードに戻り・・・・
ほっと一安心で南会津のスキー&雪遊びにも無事に一緒に行けましたheart04 

 

てんかん発作って、発作が出ている間の事は全く記憶に無いので発作自体の痛みや苦しさなどはないのだそうですが(人間のてんかん発作経験者の方に聞きました)、発作の後の体の疲労感はハンパ無いんだそうです。
獣医さんによると、アスリートがやるようなキツイ筋トレを2時間ぐらいやったのと同じぐらい消耗しているんだとか!shock

 

そんなツライ事をもう何年も受け入れてるアシュラって。。。。ほんとにスゴイと思う。

 

5年前、ひどい重積発作で。。。
心臓は動いてはいるけど意識が戻らない状態になった時、獣医さんから選択肢のひとつとして安楽死をすすめられました。
   

動物として尊重するなら、安楽死を選んであげた方が苦しみを長引かせることも無かったでしょう。
犬という生き物を、犬という動物として見なしてあげられるだけの成熟した飼い主だったら、その方が正しいのかも。。。。
  

 

でも、その選択は私にはやっぱりできなかったんですよね。
隣で今まさに息をしている愛犬の生を止めるなんて、、、、

  
アシュラは私にとっては子供同然。
犬を擬人化するなんて犬を飼っていない人からみたら馬鹿げた事に思えるでしょうが、犬を飼っている人ならきっとみんな理解できる心情かと。

 

 

瀕死の状態を乗り越えたものの、目は見えず、体の自由もあまり効かず、ご飯も介助が無いと食べられない状態のこの5年間。

「すごいね」

「えらいね」

と褒めていただいたり、励ましていただく事がたくさんあります。 
もちろんその言葉に本当に救われていて、実際頑張れているのですが・・・・
  
  

でもあの時の選択(安楽死するか否か)が正しかったのか、、、、

今でも自問自答しない日はありません。

たぶん一生答えなんて出ないのでしょうが。

  
 

それでも、側で穏やかな寝息をたてるアシュラの寝顔を見ているだけで幸せだと思える。。。。。。

これが全てなのです。

  
  
 

*****

 

日本屈指のパワースポット。富士山fuji

発作が続いた上にお出かけもあったりしたので、ちょっとパワーをもらいに行ってきました。
(カルラも雪遊びができて発散できるしねscissors

 
  

混んでなければウチから車で1時間ぐらいなので、ドライブ好きのアシュラにはちょうどいい距離でもあるのです。

Fuji_0431

先日の南会津は雪が深すぎてアシュラは雪遊びさせてあげられませんでしたが、今回は大丈夫でしたgood 

  

Fuji_0481

遊ぶって行っても、雪食べてるだけですがcoldsweats01
美味しいのかな~?

 

まぁでも、元気だった時は雪遊びが大好きなコだったので、ちょっとは思い出してテンションも上がってるんじゃ?と思います。(飼い主の勝手な想像ですが…笑)


  

Fuji_0737

充電できたかな~~?heart04

 

 
  

---


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

お薬ふえました

 
 

今月からアシュラのお薬が増えました。

2

 

実は先月発作の回数が増えてしまったアシュラ。
今まではてんかん発作の原因である脳炎を抑えるステロイドの量で調節してきました。

てんかんを抑えるお薬といえばフェノバールが一般的。
でも長年ステロイドを服用しているアシュラは時々血液検査の肝臓の数値が悪くなる事があり・・・
肝臓に負担のかかるフェノバールには病院の先生も私も踏み切れず。

もちろん抗てんかん薬は他にも色々ありますが、アシュラの状態を考えるとどれも「う~~ん・・・」

でもさすがにそうも言っていられない頻度になってしまいsweat01

 

今回、肝臓への負担も副作用も少ない、「ゾニサミド」というお薬を試してみる事に。
最近は大学病院でも、フェノバールよりゾニサミドを選択することが多いそうな。

ゾニサミドは日本で開発されたお薬だとか。
数年前から知ってはいたのですが臨床データが少なく、どんな副作用が出るのか?
だったのですが・・・・・動物医療の世界も日進月歩ですね。

 

今のところ、発作の頻度は少し空いたかな?程度ですが、発作自体は軽くなっているような。
とりあえずはこの量で様子見です。

うまく効いてくれるといいのですが・・・・

 
 
 

話は変わって。。。。我が家のデンドロビュームが満開になりましたshine

Sharu_0010_2

Sharu_0011

Sharu_0013


今年はこの10数年で一番の花付になりました♪

 

北海道の母も洋ランをたくさん育てているのですが、私の実家では蘭の花付がいい年はよい事が起こるジンクスがあるんです。

 

私の受験の時もそうだったなぁ。。。

 
 
 

アシュラ復活の兆しかな?


 

confident



---


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

アシュラのオムツ

  

時々聞かれるので・・・・アシュラのオムツについて少々。

 

アシュラは4年ほど前からオムツ生活です。

 

ただいま愛用しているのは・・・・

Pampers

 

パンパース!

そう、人間の赤ちゃん用のです。

 

シッポが無い(非常に短い)コーギーは、わざわざ犬用のオムツを買わなくても人間用ので充分なんです~~

犬用のに比べて人間の赤ちゃん用の方がかなり割安ですし、機能も断然イイので(通気性や吸収力など)転用できてラッキーです♪

(オムツかぶれになるワンコ、実は結構多いのだそうです。)

 

アシュラのサイズは、Mサイズ(6~11kg)のテープタイプ。

(人間の赤ちゃん用のオムツには大抵、ウエストがテープで調整できるテープタイプと、ブルマーみたいに履くだけのパンツタイプの2種類があります。)

アシュラは一時よりかなり脂肪も筋肉も落ちてしまって、現在7kg。
ウエストもかなり細くなってしまったので、調整の効くテープタイプの方がズレ難くていいみたい♪

 

ただし、コーギーは尻尾が無くて人間用のが使えるメリットの反面、尻尾が無いためオムツが脱げやすい。。。。というデメリットも。

 

なので「愛犬商店」さんのツナギを着させてます。

Mystic_0087


Mystic_0280

 

アシュラの場合、オムツが汚れていない時はそう脱げる事は無いのですが、オシッコをしたりしてオムツが重くなるとすぐに脱げてしまいますsweat01

でもこのツナギを着せておけば無問題good

素材も柔らかくて質のいいコットンなので、4年間毎日愛用してますが着ズレも全然ありませんwink

 

お出かけがたくさんできる様になったのも、このツナギのおかげですshine

 
 
  
  

それと、よく相談を受けるのは・・・・

愛犬に人間用のオムツを使ってみようとオムツ売り場に行ったのだけど、種類があり過ぎて一体どれを選んだらいいのかわからない・・・・と。

 

ですよねsweat02
私もそうでした。

 
 

まずはどのサイズが愛犬に合うのか?
初めて使う時には見当もつきませんよね。

これについては、オムツのパッケージに適応する赤ちゃんの体重が書いてあります。
この体重にご自分のワンちゃんの体重を当てはめてみれば、大体サイズが合うと思います。

例えばアシュラはの体重は7kg。
で、今使っているパンパースのMサイズは6~11kgの赤ちゃん用のです。

ね?

毛量が多いワンちゃんなら少し大きめを選んだ方がいいかも知れませんね。
その辺の塩梅は飼い主さんのセンスで(笑)

 
  

で、あとは実際に履かせて試してみるしか無いのですが・・・・
オムツって、サンプルとかお試し用の少量パックとかが無いんですよね。

もしかしたら行くところに行けばあるのかも知れませんが、とりあえずウチの近所のスーパー&ドラッグストアー&ホームセンターにはありませんでしたthink

大体トイレットペーパー1パックぐらいの大きさのが最少単位で、50~60枚ぐらい入ってます。
これでもしサイズが合わなかったら・・・・と思うと、買うのをためらってしまい、割高でもサイズの目安がわかりやすい犬用を購入する方も多いみたいです。

 
 

でも! これからの時期だけ出回る少量パックのオムツがあるんです!!

 

それは・・・・水遊び用のオムツ、なるもの(確かムーニーのだったかな?)。

 

1袋に3枚ぐらい入っていて、値段は300~400円ぐらいかと思います。
サイズや大きさは水遊び用じゃない、普通のオムツと同じです。

 

そろそろ出てくる時期と思いますので、まずはそれを試してみるのもおススメです。
アシュラもココからのスタート!でしたhappy01

 

メーカーによって、同じMサイズでも大きめ、小さめ、がありますが(ムーニーは大きめ、パンパースは小さめ・・・など)、テープタイプであれば調整ができますから、何とか使い切れるかと。
色々試してみるうちにマイベストが見つかると思いますflair

 
 
 

ご参考までに・・・・・confident

 
 

---




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

手作りニット

 
 

創作熱、未だ冷めずのワタクシdash
たま~~に大波やってきます。

で、作り切ると大潮が引くようにまたフヌケ状態に戻るのですが・・・coldsweats01


先日「手作りコット」の記事の最後に、この冬まだ作りたいものがある、と。。。

オリンピックを見ながら夜鍋するハズが
オリンピックが終わった後に夜鍋開始sweat01

 

押し入れに残っていた余り毛糸で、ワンコ用のニットを編み編み。 
もう春が来ると言うのに今頃ニット?? 

そう。

だから早く作らないと・・・・って思ってたのです。
けど結局こんな時期になっちゃったので、とりあえずハイペースでスタートsign01

Img_3087

1日でここまできたのですが、、、、その後息切れしてsweat02ペースダウンdowndown
2日間で仕上げるハスが、結局丸3日かかっちゃったsweat01

  
  
 

ま、でも。。。。

完~~成~~~shine 


Img_3105
「おかーさん。コレ、カルラの??」

違うよ~~
カルラにはモッサモサの毛があるから必要無いでしょ~~ 

  
 

アシュラ姉ちゃんのだよheart04

Img_3106

アシュラは体温調節ができないから・・・・

4月ぐらいまではまだまだ肌寒いから、まだ間に合うかな~~とconfident
オムツをしているアシュラは汚す心配も無いので着丈を長めにしてみました。

けど、ちょっと長過ぎたかなsweat02

 

Img_3113

たぶん一度洗うと少し縮むから、丁度よくなる・・・・と信じましょう(笑)。

 

  

父ちゃんが凄いレンズを借りてきたらしいので、おNewのおべべ着て
いっぱい写真撮ってもらいましょ♪

 
 
 

---

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

☆☆アシュラ、12才☆☆

 
 

今日はアシュラのshinebirthdayバースデーbirthdayshine

12才になりました~~~~~crying

Mddj_0169

 
  

いやぁ、、、12才ですよ、、、、

  
 

4年半前に瀕死状態になった時は、絶対10才まで生きられないだろうと思ってたけど。。。
なっちゃったねぇ。ここまでよくきたねぇ。

 
 

近所のケーキ屋さんに行ったら、ひなまつり用の手ごろな大きさのケーキが♪
ホントはボンボリ型のロウソクがさしてあったのですが、数字のロウソクに置き換えて・・・・smile

Ddj_5643

Mddj_5607

   
  
  

目は見えてなくても、匂いで生クリームたっぷりのイチゴが入ったケーキだとアシュラはわかっているハズ。

Mddj_5597

Mddj_5646

  
 

アシュラの大好きなプリンもあるよ~~wink

Ddj_5656

実はこのプリン、アシュラが瀕死状態だった時に公園のお散歩仲間がお見舞いに持ってきてくれたもの。
このプリンに救われたんだよね。アシュラも、私も、、、、

  
 

生イチゴショートbirthdayのプリンがけ。

Ddj_5659

贅沢ぅ~~shineshineshine 
いいのいいの。アシュラは今生きてるだけで立派なんだから。(笑) 

 
 

実食。

Ddj_5660

  
 

Mddj_5670

 

アシュラはお皿の底の方に残った分をどうしても上手に食べ切れないので、それがカルラの取り分。
アシュラは食べるのが遅いので、カルラは散々待たされた後ようやく貰えます(笑)。
でもこれって我が家では当たり前のルール。

だってカルラは自由に動けるからいつもちょいちょい何かしら貰ってるけど、アシュラは体の自由がきかないので、こうやって人間がサポートしてあげられる時じゃないとありつけない。

普段のご飯の時も、カルラは横で待たせておいて、アシュラが先に食べ始めて少したってからカルラに「ヨシ」がかかります。
何事も先住犬を優位にってのもあるけど、アシュラのご飯にはお薬が混じっているので間違ってカルラが食べないようにさせるためでもあります。
アシュラがお薬を食べたのを確認できたら、カルラに「ヨシ」がかかります。

なので、たとえ「待て」がかかっていなくても、床にポンと置いたエサ皿をカルラが勝手に食べる事はありません(家の中ではネ)。そうしないように教えました。
病気の犬と共に暮らす上で、何よりも大切なコトです。

でもこのおかげか?盗み食いや、ちゃぶ台の上の物を勝手に食べる事も一切しないので、楽ですね~
ついつい片付け忘れて出掛けてしまっても手つかずそのまま残っていますwink

 
  

と、余談が長くなりましたが。。。。。

 
 

アシュラが食べ切れない領域に入ってきたので、やっとカルラにバトンタッチ!

Mddj_5858


  
   

アシュラ、相当美味しかったようで。。。。
Ddj_5828

こんなんなってました(www)
鼻の穴の中まで生クリーム&プリンの嵐coldsweats01 

 
 

満足かしら?heart04

Ddj_5906

 
 
 

来年のお誕生日もこんな風に迎えられるかな。。。。

 
 

きっと大丈夫だよね!



Ddj_6007

 
  
  
  

--- 

| | コメント (2) | トラックバック (0)