地震

2016年4月28日 (木)

ペットと避難する

 
 

熊本で起こった大きな地震。
過去に類いのないタイプの地震で、今後の収束の予想もつかない状況。。。

犠牲なられた方々にお悔みを申し上げるとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 

まだ記憶に新しい東日本大震災からたった5年しか経っていない。
それだけに特に犬を飼っている身としては、もし同じような地震が起こった場合、カルラを連れてどうやって安全を確保できるだろうか?とさすがに真剣に考えるきっかけにもなりました。

というのも、東日本大震災の時は津波の被害があまりにも広域で甚大過ぎた事もあり、報道もそこにフォーカスされた情報が多かった。
なので津波の危険が直接は無いような内陸地域に住んでいる私にとっては正直、若干のタニンゴト感は否めなかったかと。
   

ところが今回の熊本地震は直下型の断層地震。
しかも耐震基準では建物の構造計算上の地震地域係数が「0.8」や「0.9」という、ある意味大きな地震が起こる可能性が低いと思われていた地域。
(ちなみに関東は全域1.0)
 
ここでこれだけの大きな地震と被害が・・・・・という事は、もう日本中どこでも有り得るよね、と。

Z

<※Wikiからスクショさせていただきましたsweat01

 

もうさすがにタニンゴトでは無いかな、とsweat02 

  
 

この「どこにでも起こり得るタイプの震災=熊本地震」でペット一緒の避難はどんなだったのか?
現段階の情報を私なりに拾ってみました。
(まだ強い余震も続いており、総括するには早い段階かも知れませんが・・・)

 

まず、意外と知られていないようなのですが。。。。
東日本大震災でペットを避難所に一緒に連れていけなかった事により生じた色々な問題から、環境省では災害時『ペットは同行避難』を前提とする事とし、その指針(ガイドライン)も発行されています。

ペットを飼う飼い主であれば、基本知っておくべきかと思いますのでご一読を。

環境省 災害時におけるペットの救護対策ガイドライン>(PDFデータ)  

 
 

そして我が家のある横浜市では、この環境省の告示に沿った独自のガイドラインを発行しています。内容は環境省とほぼ同じだけど、一般の飼い主にもわかりやすいようにまとめた・・・という感じでしょうか。 

横浜市 災害時のペット対策>(PDFデータ) 

   

横浜市のように独自のガイドラインを発行している自治体もあれば、何もない自治体もあるようです。何もないところは基本、環境省の指針に準じる事が求められることになるでしょうね。

   
  

ガイドラインの内容はザックリこんな。

・災害時はペットと一緒に避難しましょう
・避難所ではペットが他の人の迷惑にならないようにしましょう
・迷惑をかけないように日頃からペットのしつけや衛生管理をちゃんとしましょう
・マイクロチップ推奨

って感じでしょうか。

 
 

で実際、熊本ではどうだったか?
目に留まったニュースを抜粋。

  

「“人の水もないのに犬に飲ませるのか”ペット同伴避難でトラブル相次ぐ」(産経新聞)

 

「ペットの同行避難断られた相談600件」(西日本新聞)

 

「勘違いした人が拡散し混乱。ペット“同行避難”は避難所に一緒に入れる訳ではない」(Spotlight) 
(同行避難と同伴避難は違うとかなんとか・・・)

 

リソーとゲンジツ。
ガイドラインはキジョーのクウロン・・・・といったところでしょうか。

  
 
  

嬉しいニュースもありますけどね。。。。

 

「旧校舎の教室利用しペット同行避難所 南阿蘇村」(毎日新聞)

  

「熊本地震で被災ペットを救う活動が続々始まる いざという時の犬猫“備蓄用品”と避難方法は(J-CAST)

  
   

今回の事で私なりのまとめ。
  

☆いざという時、その段になって「犬も家族の一員です」という理屈を、他人に理解してもらうのは無理。

☆非常時にいきなり犬がお利口になる事はない。(吠え癖・クレートトレーニング・トイレトレーニングなど…)むしろいつもよりも犬のコントロールが難しくなる可能性高し。
  
☆日頃からのしつけはやっぱり大事だけど、ちゃんと躾が入っているからと言って受け入れてもらえるとは限らない。
 
☆非常時に自分の都合ばかりを主張してはいられない。
 
☆でもSOSをきちんと発信する事も大事。(今回もTwitterが一番有効だった模様) 
 
☆車中泊環境が整っている事は災害時も有効。


   

もしもに備えて、自分のウチでは何をすべきか?
100件あれば100通り。きっとそれぞれ違うかと。

  
 

とりま、ウチではペットシーツとドッグフードの予備確保確認。(結局いつもと変わんないcoldsweats01

  
 
 
 
 

Ganbarekumamoto_karura



 
 

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

ウェブベルマーク

      
東日本大震災から、もうすぐ4年。
  
4年経っても復興のゴールは見えないどころか、まだスタートすら出来ていない所が大部分・・・
  
それだけにこの震災の計り知れない規模の大きさを改めて感じます。
  
自分にできる事は本当に微力ですが、この震災がまだ途上であるという現実を忘れずにいる事は誰にでもできます。  
  
  
楽天・Yahooでお買い物をするときはチェック!
  

Cmn_hdr_logo_01_2

  
  
---
  
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

小さなことですが・・・

  
  

震災では人命優先なのは当然だと思いますが・・・

被災地で置き去りになったり、避難所に連れていけない犬たちの事が
やはり気がかりでなりません。

  

我が家のように犬を家族同然(いや…それ以上?)のパートナーとして

一緒に暮らしていた方が避難所にもたくさんいらっしゃるだろうと思います。

 

ワンパのサイトで犬用のケージが必要との記事が。

アシュラが昔、数回使った程度で今はホコリをかぶったバリケン。
早速送りました。

__2

それと・・・
  

オムツ生活のアシュラのお手入れ用に我が家では
ペット用ボディタオルを愛用してます。
(おしりナップだと拭ききれない事が多くて・・・)

地震の直前、安くなっていたのでネットでまとめ買いしていました。
(買い占めじゃなくて、節約って事でsweat01sweat01sweat01

Photo

担当の方に一応聞いたら『助かります』との事でしたので
我が家で当面使う分だけ残して、後はバリケンの中に詰められるだけ詰めました。

 


被害の大きさに比べたら私にできるのはほんの小さな事だけど・・・

1頭でも多くの犬達の安全を守る手助けになれれば・・・・・・catface

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

地震酔い?

  
  

ベッドで寝ていた時、揺れを感じて目が覚めました。

  『また余震・・・?』

  

まわりを見渡しましたが、何も揺れていない様子。

  『これって地震酔いかな~?』

  
  

と思ったら・・・

 
  

震源地が判明しましたflair

Simg_0643

足元で寝ていたこの子ですsweat02

  

------  

大地震から2週間。

私の住む横浜では・・・ 

近所のガソリンスタンドも並ばずに給油が出来る様になり
スーパーではお米やパン、卵、牛乳がいつ行っても棚に並んでいます。
普通の生活の有り難さを改めて感じています。

その一方で支援物資が行き届かない被災地がまだ多数あるとか・・・
一日も早く被災地域のすみずみまで
燃料や、食べ物や、みんなの心が届きますように。。。


 

計画停電の回数がだいぶ減りました。
たくさんの人の節電努力と停止していた火力発電所が稼働し始めたおかげでしょうか。

東京電力の電力消費量が発表されるようになりました。
(ブログパーツを貼り付けてみました)

これを目安に電力が足りなくなりそうな時にはテレビを切ったり、
逆に電力に余裕がありそうな時にはちょいちょいブログの更新もしていこうかな?

 
 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

節電中ですが・・・Pray for Japan

  
  
  
   
   
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)